スペインとポルトガルは環境はかなり違う




今回はポルトガル6都市を縦断した後に、スペインの首都マドリッドまで飛んだ。

当初は、バスと鉄道を乗り継いで行く予定だったが、それだとかなり時間がかかることがわかったので、予定を変更してLCCのライアンエアーを使って移動することになった。

おかげで移動時間が短縮できただけではなく、結果的に料金も半額程度で済むことになった。

元々この2つの国というのは、隣国どうしということで、ポルトガルもスペインもそれなりに似たような環境はあるというのも事実。

実際言語のことを考えてみても、スペイン語とポルトガル語というのは、ある程度似通っているらしく、それぞれ方言ぐらいの違いなので、どうにか一つは可能という話を聞いたことがある。

しかしながら、ポルトガルでしばらく過ごしてから、マドリッドに行ってみたら、だいぶ環境が違うということに気付いた。

はっきり言うと、環境がより悪くなっている。

ポルトガルの方が過ごしやすいというのが1つの結論。

そのわかりやすいところというのは、観光客への配慮。

スペインというと、観光立国であるというイメージもあるし、実際に数年前の調査では、世界一海外旅行者が多い国というのはスペインだった。

しかしながら、では旅行者にとって利便性が高い環境ができているのかというと、必ずしもそうではない。

例えば、スペインのマドリッドの中でも、観光客が多く訪れるような中心部。

例えば、ソル駅の近くであるとか、あるいはマヨール広場前とか、そういったところであっても、英語の表記もないメニューを出しているレストランというのは多い。

つまりスペイン語でしか表記がないわけで、観光客の中でスペイン語が話せる人というのは、一握りであるということを考えると、とても観光産業の盛んな国とは思えない。

それに対して、ポルトガルはどうかというと、リスボンの同じように中心部であれば、英語の表記はもちろんのこととして、それ以外にもイタリア語やフランス語等の6ヵ国語でメニューが表記されているというところすらある。

しかもこの6ヵ国語表記というのは、例外的に極々一部の店でやっているというわけではなくて、あるエリアにおいては、集中的にそういった店が散見される。

そこまでやっていなくても、英語とポルトガル語の2ヵ国語表記であるとか、そういったものを見る機会は多い。

どちらの国においても、日本語のメニュー表記がないというのは共通しているが、英語の表記があればそれによって内容を理解することはできる。

しかしながらスペインというのは、そういった配慮すらない。

更に言うと、スーパーの価格の表示というのもよくわからなく、更に商品名も商品のパッケージに書いてある商品名と、価格のところに書いてある商品名が違ったりして、もはや何がなんだかわからないというのが実際のところ。

スペイン人は働かないとか言われることが多いが、実際問題観光一つを取ってみても、観光客の便利さを考えるとか、そういったことをちょっと考えるだけでも、いくらでも改善のアイデアというのは出てくるはず。

逆に言えば彼らがいかに何も改善もせずに、昔ながらの方法でだらだらとやっているだけなのかというのがわかる。

更に言うと、接客等も決してレベルが高いわけではなく、むしろロボットとか自販機に変えることができるのであれば、その方が気持ちよく食事をすることができるのではないかと思う場面も多々あった。

そういったことを考えても、スペインよりはポルトガルの方が、長期滞在をする分には圧倒的に住み心地がいいという風に感じる。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ