スペインのトレドには行く機会がないのかもしれない


マドリッド近郊にトレドという町がある。

こちらはスペインの画家である、アルグレコが愛した町としても知られている。

そんなわけでマドリッドから日帰りで旅行に行く人も多い。

私も以前にこのトレドに行こうかと思って、結局はセゴビアという別の町に行くことにしたことがある。

このセゴビアというのは非常に良い町で、特に旧市街は昔の趣を残していて、まさに私が思い描いていたヨーロッパの雰囲気だった。

そんなこともあって、今回は改めてマドリッドに来たので、トレドに行こうかと思ったものの、結局はそちらは中止にした。

というのも、この時期のスペインというのはかなり暑く、あまり町歩きに適した気温ではなかったため、トレドに行ったところで日帰りでしっかりと色々なものを見て、戻ってくるということはかなり厳しいと感じたから。

それであれば、もう少し気候のいい時期に改めて行った方がいいという結論に達した。

しかしながら、今回マドリッドに行ってみて、この町は滞在にはあまり適していないという風に感じたし、再び訪れるような魅力もないように判断した。

そうなってくると、これから先マドリッドに行くということが基本的にはなくなるだろうし、そうなってくると、トレドに行くようなルートで動くことがなくなってしまう。

基本的にトレドというのは、マドリッドから移動する場所にあるので、そのついででもない限りはなかなか足を向ける機会がない。

わざわざトレドだけを訪れるために、マドリッドを経由して移動するとか、そこまでの魅力があるようにも見えないので、今後の人生も含めて、もしかしたらスペインのトレドという町は訪れる機会がないまま終わってしまうのではないかという気もしている。

それ自体はそれほど残念なことだと思っていないものの、どちらかというとセゴビアの丘の上から見た町並みの方が印象に残っているし、再び目にしたいという気もする。

そう考えてみると、マドリッドという町そのものには、それほど滞在する心地よさとか、そういったものは感じないにしても、日帰り旅行の拠点として足を運んでみるというのはいいのかもしれない。

あるいは、セゴビアやトレドに1泊するという方法もあるので、無理矢理マドリッドに泊まることもないし、そこまで長居しないのであれば、1日たりとも居たくないとか、そういった敵意のようなものがあるわけではなくて、他の町に比べると魅力が薄いとか、後は単純に生活がしずらいとか、そういった問題があるだけのこと。

そうなってくると、変に可能性を閉ざすよりは、今後近郊の町への拠点として活用するという可能性は残しておいた方がいいように感じる。

最近つくづく思うのは、移動のルートというのが重要であるということ。

いかに効率よく回るかということは、移動を減らして身体的な負担を軽減することにつながる。

ただ単に時間がないから効率よく回るというだけではなくて、そういった意味でもうまく移動していくということは重要ではないかと思っている。

特に最近は、北米のカナダやアメリカをどうやって回るかということを考えているが、非常に長距離になってしまうので、尚更移動効率の重要性というのは感じている。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ