チェコ・ブルノ(Brno)のスピルバーグ城に行ってきた




どこかの世界的有名映画監督のような名前だが、スピルバーグ城というものがブルノの西側の丘の上にある。

ベカルシスカー通りとか、ベリソバ通りの北にあたるのがこのスピルバーグ城。

せっかくなので行ってみることにした。

道に迷うまでもなく、目に見えて丘が存在するので、そこに登っていくだけでいい。

途中で教会を見かけたの立ち寄ったりしながら、スピルバーグ城までやってきても、自分がどこに向かっているのか見失うことはなく、但し相変わらずブルノの町は道がグネグネとねじ曲がっているので、現在地についてはイマイチよくわからなくなっていた。

丘を登っていくと、飼い主がリードを外して放し飼いになっている大型犬2匹が戯れていた。

時折唸るような声を出すし、吠えたりもするので、あまり長閑な光景とは言えない。

あれだけの大型犬が何かの間違いで、人間に襲ってくるようなことがあれば、大惨事になる。

ということで、スピルバーグ城がある方向と思われる道を外れて安全そうな方向へ、遠回りすることにした。

すると辺りは小鳥の鳴き声が聞こえ、とても長閑な光景に変わった。

とにかく緑が多く、ブルノの中心部とはまた違うし、東部の埃っぽさもない。

しかしながらこの日はとても暑く、まるで真夏のようだった。

これなら東南アジアの熱帯地方とたいして変わらないかもしれないと思ったが、よく思い出してみると、もし仮にバンコクでこうして30分とか1時間とか歩いていたら、熱中症で倒れ兼ねないわけなので、さすがに赤道近くの国ほど暑いというのは、誇張しすぎだということに気付いた。

それにしてもとても暑かったし、背中は汗でびっしょりになって、タンクトップと長袖のシャツが、張り付いてしまっていた。

無事にスピルバーグ城について、逆Uの字型の門をくぐり、チケット売り場というところがあったので、そこで90コルナを払って、中に入ってみた。

スピルバーグ城がどのようなところであるのかという経緯であるとか、歴史や変遷というのを学ばずにフラッとやってきてしまったので、実を言うと、何を見に来たのかもよくわかっていなかった。

そもそもこのスピルバーグ城というのは、近くに来ると城壁に閉ざされて、かえって建物の全貌が見えず、とりあえず中に入ってから、後で丘の麓から全体を見渡そうと思っていた。

しかしながら、城という名前とは裏腹に、実際には要塞としての趣が濃く、更に言うと、豪華な装飾品とか調度品ではなく、とても質素というよりは、もはや荒れ放題の状態で、一部には当時の様子を再現した蝋人形とか、机等も置かれていたが、それも悲惨な暮らしを再現しているかのようだった。

しかしながらスピルバーグ城の中というのは、とてもひんやりとしていて、外とは気温差が少なくとも10度、おそらくは15度ぐらいあったのではないかという風にさえ思った。

これまで体に張り付いていた汗が、一気に冷えたことによって、暑さでフラフラだったのが、今度は体の芯まで冷えそうになってきた。

一通りスピルバーグ城を見てから、再び丘を降り、帰りにはカフェでサンデーを食べてから、鶏肉のラズベリーソースがけと、スタロプラメンというビールを飲んでホテルに戻った。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ