SRRVをやめてクオータービザを取ることにした




フィリピンに移住してきた当初、
観光ビザだけで過ごすつもりだった。

その上で、35歳になった段階で
SRRV(退職者ビザ)を取るというのが当初の予定。

35歳になる頃にはフィリピンを離れているはずだが、
将来に住める国を確保することが目的なので
その段階での居住国がどこかは関係ない。


しかし、この予定を変更してクオータービザを取ることにした。

これは永住権的な性質を持つもので、
特に年齢制限もない。

そのため、今のうちに取得することにした。



なぜSRRVを止めてクオータービザにしたのか?

その理由はいくつかある。


まず、SRRVは5万USドルの預金が必要。

これは不動産でも代替できるが、
不動産を売却したら預金をしなくてはならない。


これに対し、クオータービザなら1度5万USDを
フィリピンに海外送金するだけでいい。

その後、そのお金を他の国に持ち出すのは
まったく問題ない。


つまり、約500万円を寝かしておくのか、
活用できるかの違いがある。



毎年の更新費用もSRRVが360USDと4万円近いのに、
クオータービザは1000円もしない。

期間が積み重なっていくと大きな差になっていく。



年齡制限もSRRVは35歳以上なので3年待ち、
その間に制度が変わる可能性も否定できないのに対して、
クオータービザは制限なし。

こうしたことを考えた結果、
SRRV取得は中止にしてクオータービザにした。

すでに詳しい話も聞いているので、
近々申し込みをしようと思う。


私の場合、フィリピンに住んでいるので渡航も不要。

今のうちに申し込んでおけば
手続きのためにやって来たりする必要もない。

ということで、
マレーシアのMM2Hビザに続き、
こちらも取得を決定した。



永住権取得記念!
フィリピン・ビザ取得レポートを
期間限定で無料プレゼント中!



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ