フィリピンのクオータービザとSRRVビザを比較




ビザなしでフィリピンに移住してきたが、
今後のためにも永住権がほしい。

そうなると、クオータービザかSRRV(退職者ビザ)が
選択肢として入ってくる。

当初は35歳になった段階でSRRVを取得する予定だった。



しかし、色々話を聞いていると、
実はクオータービザの方がメリットが大きい気がしてきた。


まずは年齢制限。

SRRVは35歳以上なので、
まだ3年ほど待たなくてはならない。

クオータービザなら年齢制限がないので、
すぐにでも取得できる。



次は預託金。

SRRVなら5万USドルを寝かせておく必要がある。
(引き出しは不可)

クオータービザなら預託金は不要で、
一度フィリピンに5万USドルを送っておけば
取得後には引き出して問題ない。

約500万円を自由に使えるのか、
事実上の死に金にするのかは小さくない問題だ。



そして、取得後の費用。

SRRVは毎年360USドルかかる。

クオータービザなら310ペソで済むらしい。

毎年3万5000円程度かかるのと、
1000円以下で済むのでは大きな開きになる。

仮に50年持ち続けるとしたら
150万円以上の違いに。



まだ検討に入った段階なので何とも言えないが、
どうもクオータービザの方がメリットが大きそうだ。

とは言え、
このあたりは正確な情報が少ないのが実情。

去年はクオータービザの発給自体が止まっていたというし、
明らかに嘘の噂もネット上に散見される。

少し面倒な所ではあるが、
ここはしっかり見極めたい。

どちらもフィリピンの永住権としての性質があるので、
一方は取っておきたいところだし。



私はフィリピンの永住権を取ったからといって、
ずっと住み続けるつもりはない。

おそらく1年か2年後には別の国に移住するだろう。

それでもフィリピンの永住権を取っておくのは、
日本以外にも住める保証のある国を確保するため。


実際のところ、1年や2年なら
ビザなし(観光ビザ)でもフィリピンに住める。

事実、SRRVはフィリピンから出て行った後に
取得する予定だった。


クオータービザを取るなら早めに手続きをして、
観光ビザの更新手続きを省けるようにしたいが、
まずはどちらが本当にいいのかを確認するのが先決。

今後のためにも慎重に検討したい。






【追記】

色々考えたところ、
SRRVは止めてクオータービザの取得をすることにした。

すでに手続きは進行中。


諸条件を比べてみた時にどちらが有利かということもさることながら、
永住権と単なるリタイアメントビザでは権利の強さが違う。

今後、日本以外でも確実に住める国を確保するという観点からすると、
やはりどこかの国で永住権は取りたいところ。

これがリタイアメントビザでは頼りない。



事実、私はすでにマレーシアにおいてMM2Hという
リタイアメントビザを取得済み。

こちらは10年更新のものとなる。

しかし、取得後にマレーシアの大臣の発言により、
必要な定期預金額の大幅な見直しの検討といった
不穏な流れが見え隠れしている。


更新のタイミングにおいて、
取得時の条件が維持されるとは限らない。

むしろ、マレーシアのリタイアメントビザにしては、
あまりにも大きすぎる金額を要求される可能性も出てきている。

何しろ、大臣の言葉では6,000万円を目安に
検討していくという話だったので。


マレーシアに6,000万円の定期預金を組む価値はない。

こうしたことが簡単に起きるのが、リタイアメントビザ。



こうして考えると、SRRVを取ったところで、
同じ問題が起こる可能性は十分にある。

私のように30代であれば、なおさら。


今回クオータービザを取得することにしたのは、
永住権という安心を確保するためでもある。


マレーシアのMM2Hはもはや捨て駒的な位置付けだが、
フィリピンではきっちり権利を確保したいと思い、
このような結論に達した。




それにしても、この件で調べていくと、
SRRVにしてもクオータービザにしても、
うさんくさい業者が多いという事実に突き当たる。

途中で無責任に放棄するとか、
アフターサポートができていないとか、
取得後の費用等について説明が不十分とか。

結局のところ、どの業者を選ぶかによって
取得までの手間もどの程度ビザを活用できるかも決まってくる。


あやしい業者に依頼するのは避けておかないと、
後々厄介な問題を抱えることになってしまう。

もっとも、簡単に見抜けないのが問題だし、
私自身、マニラに住んで情報収集をしているうちに
数ヶ月が過ぎてしまったのだが・・・。



永住権取得記念!
フィリピン・ビザ取得レポートを
期間限定で無料プレゼント中!



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ