マリオットのスターウッド買収でホテル業界再編が進む


セブのアヤラモールには隣接しているマリオットホテルというところがあり、以前セブ市内の不動産を視察に行った際には集合場所としても使っていた。

なにしろセブシティの中でも最も中心部とされるアヤラモール直結のホテルな訳なので利便性は抜群。

マクタン国際空港からは離れているものの、ビーチリゾートではなく、商業エリアの中では最も利便性の高いホテルといっても良いかもしれない。

そしてこのマリオットグループが大きな動きを見せている。

というのも大型の買収に着手していることで、スターウッドホテルズの買収を11月16日に発表した。

スターウッドホテルズといってもあまりピンとこないかもしれないが、シェラトンやウェスティン・セントレジスといった高級ホテルを傘下においてあるグループであると言えば、その規模を予想できるはず。

このスターウッドホテルズの場合アメリカ国外に多くの拠点を持っており、8割以上が他国で展開しているホテルからの売り上げであるという。

それに対してマリオットの場合、売り上げの大半がアメリカ国内になっているので、そこらへんのバランスをとるためにスターウッドの買収に走ったとされている。

ちなみにこのシェラトンやウェスティンを買収したかったのはマリオットばかりではなく、ハイアットホテルズ))やそれ以外の中国系の会社も参戦していたらしい。

ちなみにマリオットの参加には有名なリッツカールトンも入っており、ますます巨大化が進んでいくことになる。

個人的にはあまり市場が寡占のような状態になる事は好ましくないと思うし、特に高級ホテル業界というのはある程度数も限られているところがある。

もちろんリゾート地のように大規模展開をせずに拘りの空間やおもてなしをしているようなところもあるが、高級ホテルチェーンという事になるとある程度数が限られてくるので、あまりにも業界を再編しすぎて1つのグループが巨大化しすぎるというのは利用者にとって望ましくないと思う。

もちろんそれぞれのカラーとかそういったものは残していくのだろうが、ブランドの名前を維持したところで根幹の経営が一緒という事自体が競争力を弱めることにもなりかねないし、1利用者としては中々微妙なところ。

ちなみにセブの中での高級ホテルという事で考えてみると、先ほどのマリオットの他にもシャングリラ・マクタンアイランドリゾート&スパとか、プランテーションベイ、あるいはクリムゾンリゾート・ムーベンピック・ウォーターフロントセブシティ・マルコポーロプラザ等があるし、それ以外だとマンダリンプラザホテルとか、ベストウェスタンとか、ラディソンブルーとか、そこらへんがこれらに続くような位置づけになってくる。

セブの場合は何しろビーチリゾートという特殊な事情があるので、都市部のホテルとはまた少々事情が違ってくる。

そういえばバンコクのアソック駅を降りてからナナ方面に少し歩いていくと、シェラトンがあるが、あそこも今後はマリオットホテルの傘下に入るということになるのだろう。

別段影響があるわけではないし彼らが営業を取りやめるわけでもないので、別にいいのだが本当に世界というのは諸行無常でどんどん移り変わっていくものだという事を改めて感じる。

その中で安定を求めるということ事態に無理があるというのはホテル業界ばかりではなく、ホテル業界ばかりではなく多くの市場において共通して言える事なのだろう。

特に人口構成の激変であるとか、人工知能の発達等によって今後さまざまな変化が起きてくることは必須だし、それは業界を問わない。

そういった中でビジネスをし、生き残っていくことについて改めて考えさせられる案件だった。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ