ステイジア・キャピタル(STASIA CAPITAL)のアメリカ視察ツアー


ステイジア・キャピタル(STASIA CAPITAL)という会社の
アメリカ不動産視察ツアーをネットで見つけた。

もう少し米ドルの資産の比率を高めたいのと、
先進国に不動産を持つことも考えていたので
アメリカの情報を検討していた中で発見した。



事実上丸2日は終日視察を行い、
その前後にガイダンス等があるという日程で
金額は10万円。

どのくらいの物件数を見て回るとか、
不動産価格の目安等はステイジア・キャピタルのホームページからは
見つけることができなかった。


YouTubeの動画が大量に埋まっていたので、
ひょっとするとその中で説明されているのかもしれないが、
とりあえず視察ツアーの説明ページには書かれていない。

これだと料金に見合う価値があるのかは判断できない。



そして、アメリカの不動産投資ツアーの場合、
個人的にはもう1つの懸念がある。

それは車酔いで視察どころではなくなる可能性。


体調次第なので何とも言えないが、
30分で収集がつかなくなる日もあるので、
この点は大きな心配事となる。

ジョホールバル・マニラとタクシー主体の生活環境においても
時々ひどく車酔いをしてきたので。



ステイジア・キャピタルのアメリカ不動産視察ツアーも、
当然ながら車での移動が主体となるはず。

バスやタクシー代が料金に含まれていると書いてあるし、
当然そういうことになるだろう。

これは厳しいかもしれない。


ジョホールバル・マニラと3年以上にわたって
投資修行を行ってきたが、
年々車酔いはひどくなっている気がする。

※投資修行の成果はメール講座



ましてアメリカのような広大な土地を持つ国の場合、
ますます車での移動になる。

新興国で交通インフラが整っていない国ならまだしも、
わざわざ先進国でまで・・・。

車嫌いには向いていない気もしてきた。



どのみち、アメリカには遅くても1年以内には
一度訪れることになる予定なので、
その時にでも視察はしてみようと思う。

体調さえ悪くなければ。



調べてみると、
アメリカの不動産視察ツアーはステイジア・キャピタル以外にも、
いろいろな会社が行っている。

ニッケイ・グローバル・アメリカンクラブとか
Fudousan Banker.comとか、
グローバル・アジア・インベストメントとか。


現地入りする時期の問題もあるので、
案外参加するツアーはすんなり決まるかもしれない。

タイムリーに開催されるツアーは意外に少なそうなので。



何より、一言でアメリカといっても広い。

そのことを考えても
1つのツアーだけで十分とは思わない。

せっかく現地入りするのであれば、
ひょっとしたら複数の地域を視察するかもしれないし、
その辺は動向を見ながら決めていきたい。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ