セブのアヤラモールのSumoSumに行ってみた


セブで最後のランチをとろうと思い、ホテルの近くにあるアヤラモールに行ってきた。

ここには本格的な和食レストランというのは入っていないので、初めてSumoSumというチェーン店に入ってみることにした。

この店はグリーンベルトであるとか、マカティにもいくつか店舗を見かけたことがあるものの、明らかに失敗している感があるので、避けて通っていた。

しかしながら、他にこれといって食べたいものがなかったのと、勧誘が面白かったので、試しに入ってみることにした。

勧誘が気になったというのは、普通にいらっしゃいませとか、そういった呼び込みではなくて、カタコトでかっこいいとか、明らかにレストランの呼び込みとは思えないような方法を使っていたこと。

しかもこの場所というのは、飲食店が立ち並ぶショッピングモールの中なので、尚更ひときわ異彩を放っていた。

そういった雰囲気の場所ではないだけに、尚更特異性が目立つ。

そして中に入ってみると、若干間違った日本語のメニューがある。

このメニューのテイストというのが、グリーンベルトの中にある、ジョン&ヨーコという店とかなり似ている。

もしかすると、系列の店なのか、もしくはメニューの制作を発注した先が同じなのかもしれない。

そんなことを思いながらも、一番失敗のなさそうなメニューとして、肉うどんを頼むことにした。

鍋焼きうどんに近いような内容で、野菜もたっぷり入っているし、うどんというのは比較的失敗がない。

これに対してラーメンというのは、店によって相当味が変わってしまうし、残念ながら海外の店でスープと麺と両方成功している店というのは、非常に少ない。

ましてこういったチェーン店で、ラーメンをちゃんと作れるという可能性は非常に低いので、この点は無難に避けることにしておいた。

他にペッパーランチのような、シズルプレートを使っているメニューもあったものの、とりあえずはうどんを食べておきたいという感じがした。

というのも、やはり米が美味しいかどうかというのは何とも言えないので、その部分を警戒してのこと。

いくら和食レストランに入ったからといって、米が不味かったら台無しになってしまう。

しかも、こういったチェーン店というのはかなり米の質についても、当たりはずれがあるので、念には念を入れる形にした。

実際食べてみると、うどんは美味しいし、つゆもちゃんと味付けがしてあって、日本人としても特に不満のないレベルだった。

他にもこのアヤラモールは、イタリアンの店であったり、フィリピン料理だったり、色々な店があるものの、実際に見ていると、イマイチ決め手に欠けて、なかなか入る店が見つけられないというのが実際のところ。

昨日もクラブメンバーと一緒に夕食を取にいったら、結局のところこれといった店を見つけられず、最後はイタリアーナというフィリピンでチェーン展開している、イタリア料理店に行くことになった。

この辺がアヤラモールの若干残念なところではあるものの、店のショッピングモールの雰囲気自体は非常によく、アヤラグループが開発しているだけあって、やはりグリーンベルトと同じような雰囲気がある。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ