フィリピンの携帯電話のSIMカード(SUN)が息絶えていた




セブ島に移住して住み始めたので、以前に購入した携帯電話のSIMカードが使えるかどうか確認してみることにした。

フィリピンはセブ島が初めてではなく、マニラに1年間住んでいたこともあったので、その時にSUNという会社のSIMカードを使っていた。

フィリピンの携帯電話会社というと、SUNの他にも、スマートとグローブという会社が有名企業となる。

マニラを離れてから1年半ほど色々な国を回っていたが、途中でわざわざSIMカードを購入して、テザリング等を使う必要も感じず、そのままフィリピンのものを放置しておいたので、フィリピンに入国してから、iPhoneの機内モードを解除して通常モードにしてみた。

さすがに1年半もチャージしていないプリペイドのSIMカードなので、使えないと予想はしていたが、案の定圏外の表示がされ、Skypeを通して以前の電話番号にかけてみたが、やはり繋がらない。

SIMカードの有効期限というのは、国や携帯会社にもよるが、だいたい3ヶ月から6ヶ月ぐらいと言われることが多い。

私の場合マニラを離れてからも、一切フィリピンに入らなかったわけではなく、途中で必要に応じてプリペイドの分をチャージしたりしたこともあったが、おそらくそれも1年ほど前になってしまうので、SUNのSIMカードがすでに使えなくなっているのも、驚きはなかった。

日本と違いSIMカードが単体で売られているため、簡単に電話番号を獲得することができ、又別のSIMカードにすれば携帯番号を変えることができるので、プリペイドの入金がない状態でいつまでも放置しておくと、番号が埋まってしまうことになる。

そうなると一定期間経過後に、そのSIMカードの利用を停止し、同じ番号を別の人に割り振るというのは、妥当な判断だろう。

仕方がないので、またSUNなり、グローブやスマートなりでSIMカードを購入して、フィリピンで携帯電話を使える状態にしようかどうかということも一瞬考えた。

セブ島の空港で買うという手もあったし、それ以外でもアヤラセンターとか、そういったショッピングモールでも購入は可能なはず。

しかしながら邪魔になるので、購入は見送ることにした。

というのも、マニラにいる時もそうだったが、こちらから電話をかけるということはほとんどなく、必要な連絡は原則としてメールになる。

そうなってくると発信をしないので、一度プリペイドでチャージした分が、3週間ほど経つと未使用のままでも期限が切れて消えていく。

そしていざ電話が必要な時になると、すでにそのチャージの分の期限が切れていて、またわざわざコンビニ等に行かなければいけないということになり、結局は二度手間。

そういったことを考えると、電話が必要な時であれば、Skypeクレジットを使った方が手っ取り早いし、そもそも電話がないと宣言してしまえば、思っていた以上に使う必要がないということが、この1年半ほどで証明された。

しかも好きかってな時に電話がかかってくると邪魔なので、結局はiPhoneを機内モードにして、普段は受信ができないように設定しておき、更にそのまま放置しておくという経緯になるのは目に見えており、いつの間にか受信不可な携帯電話になるのは、もはや確定路線と言ってもいい。

それであればわざわざSIMカードを購入して、新しい電話番号をもらう必要もないという結論に至った。

何しろセブ島に住み始めたとたんに、電話が必要になるはずもなく、唯一の懸念材料だった。

賃貸コンドミニアムの契約の際にも、特に連絡先は求められなかったので、メールのみで仲介業者ともやりとりが可能。

ここら辺は不動産会社次第というところもあるが、幸いなことに私がお願いした会社というのは、そこら辺は柔軟に対応してもらえたので、余計な連絡先を増やす必要がなくて助かった。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ