サバイバル能力を持つ人は強いのか


もし仮にこれから3か月間、無人島に放置したとして十分に生き延びられる可能性があると言える人は、どれだけいるのだろうか。

こうして考えてみるとどのような状況でも生き残れるサバイバル能力を持っている人というのは、一見すると強靭な生命力を持っているようにも見える。

しかしながら、現実問題として考えた時に現代社会において無人島に行くようなことはないし、誰もいないような樹海に放置されるとかそういったことも通常は起こり得ない。

しかしながら、一見すると仮に経済破たんが国を襲ってみたり、あるいは個人として仕事を失って所得や資産が無くなった場合であっても、生き延びられるという意味で言うとサバイバル能力というのはかなりプラスに働くようにも見える。

しかし、これも一長一短なところがあって、例えば自宅が無くなったとしても都会でどこかに住もうと思うのであれば結局は縄張り争いもあるわけなので、個人が一人で生き延びる能力とはまた違ったスキルが必要になる。

更に言えばそもそも経済的に破綻しないためにということで考えるのであれば、真っ先に身に着けるべきなのは経済力や独立して仕事をしていく力であって、それは雑草を食べる力とかライターやマッチを使わずに火をおこす技術であるとか、毒のないきのこを見分けるスキルとか、そういったところではないはず。

火おこしをして喜ばれるのはせいぜいキャンプの場面くらいで、そういった場面であってもチャッカマン等を持っている方がはるかに重宝する。

ある意味で言えば、一発芸とかそういった類でしか役に立たないので、そういった能力を磨く暇があるのであれば、現代社会に即した力を身に着けた方がはるかに現実的ということになる。

ただし、生き物として生物として生きていく力を持っているというのはそれだけで自信になるし、結局自信のある人間の方が交渉ごとにおいて強く出られる分だけ有利に働くという側面はある。

そういった意味で言うと例えば学生の間に無人島で一週間過ごしてみる経験をするとか、そういったことと言うのはプラスに働くのかもしれない。

そもそも無人島で暮らした時期があるということ自体が話のネタになるわけだし、何のエピソードを持っていない人に比べれば、人間的な深みも出てくるのではないかと思う。

最近感じているのは、多くの人が画一的な体験をしてそして同じような感想を持ち、結果としてロボットのように大量生産型になってしまっているということ。

日本のような多様性のある商品やサービスを提供している国であっても、このような傾向がみられるというのは非常にもったいないと思う。

現代社会を生き延びるということで言えば、どのようにして自分ならではの価値を生み出すかということが非常に重要になるし、その意味で言えば言い古された言葉ではあるが個性を磨くということが必要になる。

逆に言えばコモディティ化というのは必死になってでも避けるべき問題点であって、間違っても喜んで迎合するようなものではない。

そうしたことで言うと、有事の際にも自分はどのような環境下であっても生き延びることが出来るだけの力を持っているということは、ある種のその人の特異性の裏付けになるのかもしれない。

そう考えてみるとサバイバル能力として極端に言えば虫を食べられるとか、そういった能力というのも、あながち捨てたものではないとも言える。

もっとも、個人的には虫を食べるという体験は絶対に出来ないとは思っているが。



種としての優位性という自信

サバイバル能力が現代人にも役立つとすれば、それは生物の種としての自信の部分だろう。

たとえばビジネスシーンにおいても、相手から殴られる心配がない場面にも関わらず、背が高くてマッチョ体型な相手だと威圧感を覚える。

ふざけたことをしてはいけないというプレッシャーを感じるし、相手が多少無茶を言ってきた時に対抗するのには普段よりも精神力を使う。

こうした生物として、動物としての対抗心であったり、粗野な競争心は人間のDNAにインプットされたままなので、オフィス街での仕事には無縁と切り捨てることはできない。

事実、身長の高さは有能であるという評価と強い相関関係にあることが調査によって証明されている。

アメリカの研究だったが、大統領や上場企業のCEOを調べると、明らかに平均よりも身長が高い。

こうした生物としての生存力というのは、潜在意識の中に無意識に自信や相手への評価として刷り込まれている。

そう考えると、あながち不要な能力として切り捨てるわけにもいかない。

言ってみれば人間力を上げるための手段の一環として、サバイバル能力を高めることは有効な手段ではないかと。特に男性の場合には。

ただし、どのようなスキルが求められるかは、想定するシチュエーションに影響を受ける。

例えば東京に住んでいる人の有事の際を考えるのであれば、人がごった返した中での生き残りスキルが必要。

対人スキル、つまりコミュニケーション等の協力もあれば、敵対した相手から身を守るスキルも必要になるかもしれない。

逆に田舎暮らしをしているのであれば、人間との関わりよりも自然との関係の部分でのサバイバル能力が重要視されるだろうから、それこそ食材の確保等が優先されるだろう。



一時期、生き残りをテーマにした取り組みをしてみようかと思った時期がある。

それこそ田舎に行って、食べられる食材を確保する方法とか、火起こしとか、サバイバル術の一環としての調理法とかを学べるような機会を探そうかと思っていた。

ただし、植物ということで考える限り、地域ごとに植生が異なるため、私のように世界中を飛び回っていると特定地域の植生に適応しても意味がない。

その結論にたどりついて取りやめにした。

しかしながら、普段はビジネスを行う際に生き残るという生物の本能とはかけ離れたところにいるし、お金の不安もなくなったので、ある意味のうのうと生きている状態。

たまには本能を刺激するためにサバイバル能力を高めてみるのも、日常では得られないような五感の刺激があって面白い気がしている。




メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ