スイスに移住した日本人に話を聞いた


スイス移住については情報が少なかったものの、現地在住者に話を聞くことに成功した。

ということで、その時の話を書き起こしたのでシェアを。


以下はスイス居住者の話。


「スイスに移住するための具体的な準備として、まずは、言語を少しでも理解できるように勉強しました。

スイスは小さい国ですが、共通の言語というものがなく、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語という4つの言語圏に分かれています。

私が住んでいたのは、チューリッヒだったので公用語は、ドイツ語でした。

しかし、ドイツで話されている、いわゆるスタンダードなドイツ語とは違ったドイツ語だったので、スイスのドイツ語に慣れるのは時間がかかりました。

語学学校などでは、基本的に、スタンダードなドイツ語しか教えられず、スイスで話されているドイツ語を学べる場所は実践でしかないのです。

スイスでは、ドイツ語の授業でドイツ語を習ってもなかなか使える場所がなく、実際に必要なのは、スイスのドイツ語でスタンダードなドイツ語を取得したいと思っている人にはあまりすすめられない場所です。

地域ごとの自治権も確立しているので、どこの地域に住むのかで生活の環境が大きく変わってくるので、自分が住む地域にはどんなルールがあるのか先に詳しく調べてから行きました。

外国人が多いせいか、英語での説明もありとても助かりました。

ですので、スイスに移住する前には、必ずその地域にどんなルールがあるのか確認してから移住することをおすすめします。


当サイト執筆者、伊田武蔵が
海外移住の現実を無料セミナーで公開

スイス移住の際の部屋探しの方法

スイスは、部屋探しがとても難しいということで有名です。

基本的には、不動産屋さんを通して部屋探しをするか、新聞広告やインターネットで探しオーナーから直接借りるという2つの方法があります。

住みたい場所が決まったら、すぐに見学の予約をとりましょう。

実は、この見学の予約でさえなかなか取れないのが現実のようです。

空き物件自体があまりないのだそうです。

もし、空き物件が見つかったら、それだけでもラッキーだと思いましょう。

また、いい賃貸物件は早い時だと、半日で他の人にとられてしまうことがあります。

それなので、他に何組ぐらい見学に来ましたかと確認する人も多いそうです。

もし物件が気に入ったら、すぐに申込書を作成しましょう。

注意したいのが、掛け持ちで契約をしてキャンセルをする場合は、罰金が発生することがあるということです。

もし、掛け持ちをしようとする場合は、確認してからした方がよいでしょう。

この申込書ですが、この中に質問事項がたくさんあります。

1枚から2枚あることが普通のようです。

生年月日や月収、職業などの基本事項に加えて、タバコは吸うのか、ペットはいるのか、楽器は演奏するのか、趣味はなにか、また現在の評判を確認するため、現在のアパートの管理人の連絡先などあらゆることを聞かれます。

その申込書を見て査定され、もし管理人がOKと思ったら、該当者のみに連絡が来るということになっています。

ちなみに、これは私達のアパートだけ特別だったかもしれませんが、私達のアパートには不思議な特別なルールがありました。

家具は壁から数センチ離しておくこと、11時以降はシャワーを浴びないことなどこんなこと確認しに来るのかなと思うような細かなルールがたくさんありました。

入居の際は、管理人と確認した方がいいかもしれません。


スイス移住生活に必要な語学のレベル

スイス移住生活に必要な語学力のレベルはどのくらいかと聞かれても、1つに答えは絞れません。

スイスには、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語という4つの公用語があり、住む地域によって話す言語が違います。

そして、英語が通じる割合も地域によってかなり違うようです。

チューリッヒはとても外国人が多いため、ほとんどすべて英語ですましてしまうことができますが、イタリア語圏やフランス語圏に行ったときには現地の言葉ではないと、言葉が通じないということがありました。

ですので、行く地域によって必要な語学が変わってくるので、気を付けましょう。

スイスにも日本人はいるもののなかなかすぐには、見つけることができないかと思いますので、ある程度、一人で生活できるくらいの英語力は最低あった方がいいでしょう。

公用語ではないものの日本語で話せる人を探すより英語が話せる人を探す方が簡単ですので最低限、英語はしっかりと話せるようにしてからスイスに移住をしましょう。

そして、長年住むことになると、現地の言語をしっかりと話せるようにマスターしましょう。

現地には、必ずその地域の語学学校があるはずなので、そこで1から学ぶということも可能でしょう。

その学校を通して仲のいい友達をみつけるということもできるのでおすすめです。

仕事をする場合は、ビジネス会話ができる程度の英語が身についている必要があります。

ビジネスレベルの英会話、プラス現地の語学がビジネスレベルでできると問題ないはずです。


スイス移住で不便なこと

日本からスイスに移住してまず、不便だと思うことはおそらく買い物でしょう。

スイスでは、すべての会社やお店が夕方の6時半頃には閉まり、土曜日は4時ころまで、そして日曜日は完全に休業だからです。

祝日ももちろんお休みで、祝日の前日も土曜日と同じ扱いで4時までしか開いていません。

チューリッヒの中央駅のお店に行けば開いているところもありますが、そのような場所を除いてはすべて休業です。

もちろん銀行も同じなので、どうしても銀行に行かなくてはならないというときは、会社を抜けて就業中に行くしかありません。

日本では、夜中の12時までスーパーが開いていることもよくありますし、コンビニも24時間開いているため何か買い忘れて困るということはあまり起きませんが、スイスでは、日曜日に何か買い忘れていることを思い出しても月曜日まで待たないと手に入りません。

そのため、休みに入る前には、必ず何か足りない物はないかと確認するということが習慣になってしまいました。

もちろん、違う観点からみるとすごくいいシステムでもあるのです。

というのは、お店を持っている側から見るとお店を持っていても日曜日は、他の人たちと同じように休んで家族とも一緒に時間を過ごすことができるからです。

日本では、いつもお客様第一の考え方なので、このように考えることはあまりないかもしれませんが、私の義理の父がお店を持っているので、この時ばかりは、日曜日が休みで本当によかったと思ってしまいます。

あと困ったことというよりかは、なかなか慣れなかったことですが、日本よりも喫煙者が多かったことです。

私は、タバコは吸わないし、においも苦手なので、駅や道端で平気でタバコを吸っている人がいたり、それをそのまま落としていっても平気な顔をしていることがなんだか嫌な気分になりました。

そして、それを一度注意した時には、これはゴミを片付ける仕事の人がいるからいいんだとなんて、当たり前のように言われたのでびっくりしました。

もしかしたら、日本で携帯灰皿なんて持ち歩いている方が、外国の人から見たらきっと特殊なのかもしれませんが、日本の方が喫煙に関してはずっとマナーがいいように思えました。

また、電車の中においてあるフリーペーパーなるものがあるのですが、このフリーペーパーも時には、ぐしゃぐしゃにしておいてあったり、座席に平気で土足で足を乗っけたりマナーがあまりよくない人が多くみられました。

このように、スイスにいる中で日本とは違う面を見つけ、日本のマナーの良さが際立って見られるようになりました。


スイス移住の裏話

スイスで暮らし始めて、とても意外だと思ったことが1つあります。

それは、スイス人の愛国心がとても強いことです。

同じように商品でいくら他のブランドの方が安くてもスイスのブランドの商品しか買わなかったり、ドイツに行けば多少安く買い物できるのに、スイスでしか買い物をしなかったり、いろいろなところでスイスの国旗を見かけたり、標準のドイツ語が話せたとしてもなるべくスイスのドイツ語しか話さなかったり、スイスの人がどれほど自分の国を愛しているか簡単に読み取ることができました。

スイス人のいいところは、自分の国を愛していても、特に外国人に対して冷たくなったり、いじわるをしたりしなところだと思います。

ただ、政治でもその愛国心が強く出ることがあるようで、私がいた時にちょうど選挙があったのですが、そこで見たのが外国人を排除しろのような宣伝文句でした。

何も差別されたことはなく、むしろかなり親切にしてもらっていたのですが、少しその場に居づらくなってしまったことは事実です。

しかし、ただでさえ4つの国から成り立っているような国で、さらに外国人がどんどん増えている国なので、できる限り自分の国のアイデンティティーを守ることで必死になってしまって当然なのかもしれないとも思うようになりました。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ