大人の社会科見学として東欧にやってきた




ブルガリアのソフィアに到着したのが約2ヶ月前。

今回は大人の社会科見学第二弾と称して、東欧数ヶ国を回ってきた。

当初は特にこれといってビジョンがあったわけでもなく、バンコクを発つ際に、出国用の航空券がないとソフィアに出発させてもらえないということだったので、バンコクのスワンナプーム国際空港で急遽、ワルシャワからバンコク行きのチケットを取った。

ということで、入国がソフィアで、出国がワルシャワということが決まっているだけで、途中のルートは何でもよかった。

結果としては、ブルガリアからルーマニア、そして ハンガリー、チェコ、ポーランドと移動することになった。

今回の社会科見学のテーマの一つは、去年に続き東欧を深堀するということと、移住先としての価値の継続的な下調べ、そしてそれ以外にも、短期から中期での滞在先としての魅力や活用法を探るということになった。

ブルガリアは、ソフィアを基点として、プロヴディフとベリコタルノボに行ってきた。

そしてルーマニアは、首都のブカレストからシギショアラ、シビウと移動し、ハンガリーはブダペストと近くにあるドナウベントと呼ばれる一帯へ移動。

そしてチェコは、ブルノとプラハ。

最後になるポーランドは、ブロツワフを筆頭に、ウッチからワルシャワへ移動する予定。

もうすでに2ヶ月が過ぎ、今現在チェコのプラハに入っているが、今日はこれからバスでブロツワフに移動することになっている。

子供の頃の社会科見学というと、自分とは縁のない工場を見て回ったりとか、イマイチ何の役に立つかわからなかったが、大人になってからは、そういったことではなくて、自分にいかにして関係のあることを学ぶか、更に言うと、世界をいかにして広げていくかということに、重きを置いている。

今回の東欧の旅が、大人の社会科見学と位置づけられた理由もここにある。

ただ単に観光地を回って、良い思い出を作って、元の場所に帰っていくというわけではなくて、今後の生活をどう組み立てていくかということを考えていく上で、参考になるような情報を集めている。

例えば、ハンガリーのブダペストにおいては、銀行を訪問し、外国人の講座開設の可否や、金利についても確認を取ってきた。

住環境として、各国を調べていくという中で、ブルガリアやルーマニアは候補から外れ、ハンガリー、チェコ、ポーランドの3つは、東欧の中でも非常に価値の高い国として、位置づけられることになった。

そして、ブダペストに関して言うと、30日以上滞在することになり、その居心地とか、住み心地、更に言うと活用法についても、様々な角度から検討してきた。

何しろ最初は、どういったルードで、どの町に何日滞在するかということも決めていなかったので、思いのほか居心地のよかったブダペストに関しては、ダラダラと滞在していたら、いつの間にか30日が過ぎ、それでもまだ離れるのが名残惜しいぐらいだった。

全体で85日ぐらいの滞在となるが、これはシェンゲン協定を意識してのもの。

90日までであれば、ビザの取得の必要がないということで、この期間にしているが、実を言うと、シェンゲン協定自体が非常に曖昧なもので、日本人の場合、各国とたいていの場合は、90日までは観光ビザ不要という、2国間条約を結んでいるので、そのルールないであれば、シェンゲン協定の滞在日数を越えても、特に問題がないとする見解もある。

とはいえ、シェンゲン協定の規約を守らないと、次に入国する時に、入国審査で問題視される可能性もあるので、涙を飲みながら、早々と東欧を立ち去るということになってしまう。

80日ぐらいの旅を短いと感じるか、長いと感じるかは人それぞれだし、価値観によると思うが、10時間以上のロングフライトを経ての旅ということを考えると、できれば一回の滞在で、色々な国を見て回りたいし、もっと言えば、1つの町に腰を据えて、じっくりと観察したいという思いもある。

大人の社会科見学なので、別に期限にも限度はないし、私の場合は、旅をしながら仕事もしているので、収入が途絶えるわけでもなく、無期限で続けることができる。

後の問題はやはりビザということになる。

大人だからこそ自由である必要がある

子供の頃は、基本的に自分で生活の設計をすることができない。

特に、小学生や中学生の場合であれば、法律的にもビジネスをしたりすることもできないし、あくまで親の保護の元で暮らし、そして学校に行くというのが規定路線になるため、ライフプランを勝手に立てて、それを実行するということは、事実上不可能に近い。

逆に大人の場合は、どんな人生設計をするかというのは、その人の自己責任で決まってくるわけだし、何も考えなければたいていの場合、ろくな道には進むことができない。

そして、思考を自由にするためにも、更に言えば、知識や経験を増やすためにも、自由であるということは、非常に重要な要素となる。

私の場合、大人の社会科見学に限らず、様々な国に行って、その国に住んだり、あるいは1ヶ月制度のショートステイをしたり、こういったことによって、確実に自分が住める国、あるいは町というのを増やしてきた。

それによって、ライフスタイルというのは、非常に幅広くなってきたし、日本に問題が起きたとしても、生きていく力というのが身に付いたと思っている。

本当に自由の価値を享受できるのは、子供ではなく大人。

少なくとも今の私は、大学生だった頃よりも自由だし、それはある意味で大人として正しい姿ではないかと思っている。

もちろんそれが非常識な生き方であることも、考え方として風変わりであることも理解はしているが、未来への希望がない状態で暮らすことが当然だという認識自体に、そもそも疑問を感じざるを得ない。

大人だからこそ、良く学びそれを実践する機会を作ることができる自由が、求められているように思う。

そして、それを実現したことによって、次々に新しい世界が開けてくるというのは、私自身がこれまで幾度となく体験してきたところ。

フィリピンやマレーシアに、下見なしで移住をしたり、永住権を取ったり、無期限で旅に出たりするといったことを、昔から想定していたわけではなく、これらも成り行きでいつの間にか実現できてしまったこと。

そういった生活を、選択できる自由を共有できる人が増えていけば、それだけ様々な人生のパターンというのが見えてくるわけで、そうした未来というのは、私自身も切望しているところ。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ