マニラ郊外の商業物件の視察


約1300万人が住むマニラ地区には
数多くの大型ショッピングモールがある。

その反面、郊外になると買い物に困るエリアも。

大型ショッピングモールとはいかなくても、
10から数十の店が入る商業物件があれば
劇的に利便性が向上するエリアがフィリピンにはまだまだある。

人口が急激に伸びている新興国なので、
住宅が増えているエリアでも
レストランや買い物をするところが
十分に整備されていなかったりするのだ。

何しろ一家庭の平均の子供の数が7人近い国。

人口の増え方が並大抵ではない。

どうしてもひずみが生じてしまう。



そのため、フィリピンでの商業物件投資にも注目している。

友人のファルコンがすでに複数で投資した物件を
今回は一緒に視察させてもらった。

マニラ・マカティから南へ1時間程の場所に、
その商業物件はあった。

約1年前に投資をしてから、
すでに建物は完成に近づいている。




すでに入居しているテナントも。


プレビルドのコンドミニアム等に比べると
完成までの時間が短い上、
賃貸付けも素早く行われている。

この点は資金効率の点から考えて好材料。

完成前にして、ほとんどテナントが埋まったらしい。


少し行けばロビンソンという
大型ショッピングモールがあるにも関わらず、
この商業物件には入居者が集まっている。

しかも、銀行等の長期契約をしてくれるテナントも入り、
長期的に安定した収益を期待できる。

家賃は年々上がっていくことも契約に織り込み済み。

好材料が出揃っている。



さらに、今後の開発を予定しているエリアも見てきた。



現在はモトクロス場として使われているため
地面がデコボコになっているが、
ここを平地にして商業物件を建てることに。

この案件は熱い。

近くの立地も見てきたのだが、
ライバルとなる店が住宅に対して少ない。

もしこのエリアに住んでいたら、
もっと多くの店ができることを望むだろう。

決して交通が便利な国ではないのだし、
近場に店があれば優先的に使いたくなるのは当然のこと。



しかも、ここには大きなメリットがある。

というのも、約10店舗ほどのテナントが入る商業物件を、
フィリピンでは3,000万円程度で作れてしまう。

土地代は含まないが、それでも圧倒的にコストが安い。

実際に建物を見ると出来は悪くないのだが、
人件費が安いためにこうしたことが可能となる。


ファルコンの話では、彼が投資した物件については
年に15%以上の利回りを想定しているといっていた。

しかも、20年の継続を見越しているという。

数字を見ていると、
あながち甘い目測ではないことが分かる。

元々、このファルコンは数字に強い理論派。

徹底的に調べあげて投資をするタイプ。

そんな彼が投資しただけのことはある。



マニラ中心部にも投資チャンスはあるが、
郊外もまた熱いことが今回の視察で明らかに。

やはり実態の伴う経済成長をしている国には
多くのチャンスが眠っている。

このフィリピンにひそむチャンスを
住んでいる利も活かして見極めていかなくては。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ