セブ島の神楽と庄内に行ってきた




ITパークからも近い、ASフォーチュナーストリートには、いくつかの和食レストランが並んでおり、今回行ってきた神楽と庄内も、この通りに面している。

それ以外にも、味源や一力茶屋、居酒屋のんき、ラーメンそら、串焼き筑前屋等が並んでいる。

ちなみに庄内は性格に言うと、ASフォーチュナーストリートの路面店ではなくて、そこから1本道を入ったところにある。

まずは神楽だが、こちらはITパークやがいさのカントリーモールに近い側にあり、その通りを右手に曲がると、すぐに右側に見える。

味と金額は、セブ島の和食としては割と標準的な印象で、隣にスパやマッサージが併設されているところが特長となる。

とは言っても、食後にマッサージを受ける気にもならなかったので、そちらの質についてはわからない。

それと、店の前に今川焼の屋台があったが、こちらについては、営業をしているのを見たことがないので、帰りに買って帰ろうかと思ったが、残念ながらそれは無理だった。

確かランチメニューで、日替わりの丼があったが、こちらは100ペソぐらいだったので、これに関してはセブ島の中でもかなり安い部類に入る。

それ以外の一品ごとの料理に関しては、標準的という印象だった。

そして夜には、庄内に行ってきたが、ASフォーチュナーストリートを南東に向かって走って行くと、右手に味源があり、一力茶屋が出てきて、そこからまたしばらく走ってから一度左に曲がって、右手に庄内が見えてくる。

居酒屋のんきの少し手前というロケーション。

この庄内に関しても、あまり特長がないという印象しか残っていないが、比較的店内は広く、神楽やのんきに比べると、あまり内装には凝っていない印象だった。

ここでは野菜炒めと親子丼を食べたが、親子丼はかなりクオリティが高く、出てきた段階で美味しそうな感じがしたし、実際食べてみても、満足のいく味だった。

徒歩圏内にのんきがあるというのが、この庄内の抱える問題ではあるし、ついのんきの方に足が行きがちではあるが、もし自宅のコンドミニアムの徒歩圏内に庄内があれば、通うことは間違いない味だった。

それにしても、このASフォーチュナーストリートというのは、もう1年近く大々的な工事が続いており、昨年の年末にセブ島に来た時には、道の両側の歩道に当たる部分を掘り返していて、徒歩ですぐ近くまでであっても、移動をするのが困難な状態だった。

それが現在は、道の一部の中心部を掘り返しているため、歩くのには支障が出ないが、タクシーで移動をする時には、渋滞に巻き込まれる結果となり、ITパークの近くから、このASフォーチュナーストリート沿いにあるホテルに行くために、タクシーに乗ったところ、渋滞がなければ5分ほどで着くのだが、結局45分ほどかかってしまった。

この一帯というのは、他にも串焼き筑前屋や一力茶屋等も含めて、和食レストランが多いということで、賃貸コンドミニアムを探す際に、意識していた場所でもあるのだが、空気が悪いのと、工事が長々と続いていること。

そして、渋滞がひどいことを理由として、結局候補から外し、現在のアヤラモール近くのコンドミニアムに、住むことに決定した。

しかしながらやはり、ASフォーチュナーストリートは、和食レストランに恵まれている通りであるのは間違いないので、その点に関して言うと、セブ島在住者としては、魅力を感じるところではある。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ