センテンドレの観光にかかった時間が短すぎて驚いた



ブダペストから小一時間かけてセンテンドレまでやってきた。

ここはアーテイストが多く住む町で、住人の10人に1人がアーテイストという話もあるほど。

もちろん副業としてやっているような場合も、含めてではあると思うが、驚異的な数字ではある。

特に急ぐ旅でもないので、このセンテンドレに3泊することにした。

しかしながら、観光資源が豊というわけでもなく、日帰りでビシェフラドやエステルゴムと合わせて、手早く回ってしまう人が多いというのもうなずける。

まずはセンテンドレの駅の近くのホテルから、ドナウ川沿いに歩いていった。

途中は公園やテニス場があり、更には簡単な運動器具なども設置してあって、住人が健康的に生活できるような下地が整えられている。

ドナウ川が遠くで右側に曲がるのが見えてくると、左手には町が見えてくる。

そこで町の中に入っていくと、さすがに芸術の町だけあって、アートギャラリーがいくつもあるし、クリスマスミュージアムとか、手製のものと思われるようなガラス細工や、レースの刺繍の店などが立ち並んでいる。

途中でセントラムというジェラットリアに入ったが、ここはジェラートが大量に並んでいて、おそらく26種類ぐらいあるのではないかという風に思う。

その中でアップルパイとウイスキークリームのジェラートを頼んだが、これはとても美味しかった。

元々東欧というのは、ジェラートが安くて美味しいが、この店はジェラート一つにつき、220フォリント。

これはブダペストの中でも、特別安いわけではなく、だいたい安いところであれば、150フォリントを切るような店をブダペスト市内にあるので、若干高め。

とはいえ、ブダペストの中でも中心部であれば、300フォリントぐらいはするので、そこよりは随分良心的な値段になる。

そして、1つのジェラートの量が多いので、十分すぎるほどのお得感があるし、他にも定番のティラミスやレモン、ベリー系のものはもちろん、ウォルナッツやチョコとザクロのジェラート、なしやチェリーなど様々な味があるので、きっと明日も足を運ぶと思う。

そのセントラムを後にして、この町の中心になっている、末広場を始めとして、丘の上に上ったり、アクチーブ画廊やエルデース画廊、アートユニオ画廊、ミューヘイ画廊などの絵を眺めたり、アート見るやゾーベルベーラ美術館に寄ったりしながら時間を過ごしたが、実質的に散策に要した時間というのは、1時間半ほどで、最低限の観光というのは、あっというまに終わってしまった。

但し、夕方になると人が激減して、夜7時ぐらいになると、町中のレストランも半分以上は閉まってしまう。

そんな閑散とした旧市街の町並みをのんびりと歩きながら、楽しむというのも乙なもの。

昼間は人が多くて、ガヤガヤしているが、まだ陽が暮れる前であるにも関わらず、静かになった町をのんびりと歩くというのもいい。

帰りは数少ない、回転しているレストランで、ハンガリー明部のゴーラッシュと、プルーンやチーズを鶏肉に詰めてベーコンで巻いた料理。

そして、ホットワインを飲んで、ホテルに戻った。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ