ブダペストからセンテンドレへの行き方



二週間ほどブダペストに滞在してから、近郊の町に足を延ばしてみようと思い、センテンドレにやってきた。

行き方は簡単で、5番線の電車に乗るだけ。

終点がセンテンドレになっている。

とはいえ、若干問題があって、私の場合はホテルがオクトゴン駅にあったので、まずはメトロの1号線に乗り、そこで片道のシングルチケットを乗って、途中でリークフェレンス駅で乗り換え、メトロの2番線でバトゥヤニーター駅までやってきた。

ここまでは問題はなかったが、5番線に乗り込んだところ、距離ごとに料金表示がされていた。

さすがにセンテンドレまでの距離をたった350フォリント、日本円にして約170円で行けるのはおかしいと思っていたが、どうやらメトロとは使いが違うということがわかった。

危なく、無賃乗車をするところだったが、出発前に気付いて一旦降りたが、チケット売り場らしきものが見当たらない。

ホームから離れて駅をぐるっと回ってみると、ホームとやや離れたところにチケット売り場があって、そこでセンテンドレというと、チケットを購入することができた。

確か400円ぐらいだったと思う。

これがないと不正乗車ということになってしまうし、地下鉄で駅まで行くと、そのまま乗り換え感覚で乗っていいのかと思いがちなので、注意が必要。

ブダペストからセンテンドレへの行き方で、最も問題なのはこれぐらいで、あとはただ終点までゴトゴトと揺られているぐらい。

ちなみに、センテンドレというのは終点だが、途中の駅までしか行かない列車も多く、結局私の場合は25分ほど待って、センテンドレ行きの電車に乗ることができた。

そしてこれは5番線だが、地下鉄ではなく、路面電車のようなものになる。

スピードも非常に遅いし、途中で頻繁に止まるのでなかなか進まない。

ブダペストからセンテンドレまでは、だいたい40分から50分ぐらいの道のりとなった。

私の場合は、センテンドレを基点にして、ビシェフラドとエステルゴムに足を延ばすことにしたし、別に急ぐわけではなかったので3泊したが、日帰りでこの3つの町をぐるっと回ってしまう人もいるという。

実際それだけの時間があれば、ざっくりと見て回ることは可能。

センテンドレからビシェフラドやエステルゴムへの行き方は簡単で、駅に隣接しているバスターミナルでバスに乗れば、どちらにも行くことはできる。

センテンドレ発ビシェフラド経由で、エステルゴムに行く路線があるので、途中でビシェフラドに寄ってから、エステルゴムに行くこともできるし、逆に最初にエステルゴムまで行って、そこからビシェフラドへ戻り、センテンドレに帰って、更に言えばその日のうちにブダペストまで戻ることは可能。

この3つの町はホテルが非常に少ないので、そういった方法でもいいのではないかと思う。

とはいえ、センテンドレもポルトガルのオビドスや、オーストラリアのキュランダと同じで、主要都市から近いだけに、日帰りで来る人が多く、昼間は非常に賑わうものの、朝晩は閑散としているので、そういったタイミングを楽しむというのも1つの趣向。

昼間はごった返していた町が、ひっそりと静かになったところを、落ち着いて散歩するというのも、なかなかいいもの。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ