旅をしながら働くことで得られたもの




世界各国を旅しながら働くようになってから、もうすでに1年が経ち、一通り世界一周も済ませてきた。

独立起業したのは日本だったが、その後退屈になってマレーシアに移住し、飽きたらフィリピンのマカティに引っ越して、更にそこから自宅を持たずに色々なホテルを移動しながら、生活するようになった。

最初のうちは、フィリピンの永住権の手続きをしている最中だったこともあって、しばらくジャカルタやバンコク、更にマレーシアを縦断したりとか、東南アジアを中心としてきたが、永住権の手続きが完了してからは、完全に体が自由になったので、オーストラリアでキュランダやグレートバリアリーフを見に行ったり、ヨーロッパへ飛んで、昔から念願だったアイルランドのダークヘッジや、ダブリンの本場のアイリッシュパブに寄ったり、ポルトガルやスペインや、更に東欧のポーランドやチェコ等に行ってきたりもした。

北米は、モントリオールやトロント、バンクーバーを始めとした、カナダの6都市。

アメリカはニューヨークやワシントンの3都市を回ってきたりもしたし、そういった形で旅をしながら働くということを続けながら、もういつの間にか1年以上が経ち、自由に暮らせるのが当たり前になった。

通常であれば、旅をしながら収入を得るということは難しく、基本的には旅行中は仕事を休むというのが通常。

働いていないわけなので、当然ながら旅費の分だけ収支はマイナスになることになり、一財産築いてアーリーリタイアをしたとか、そういった人ではない限り、お金の面で制約がつくことになるし、更に言えば、収入がないというのは、精神的にもかなりの負担になる。

しかしながら、旅をしながら働いていれば、旅費よりも稼いでいればいいわけで、こうなってくると、持続可能な旅ということになる。

LCCの普及や、ホテルの予約サイトでの価格比較等によって、バックパッカーのような暮らしではなくて、もっとちゃんとした旅をしながらでも、そこまでお金のかからない時代になった。

そうなってくると、旅をしながら資産を増やしていくというのは、十分に可能になったし、実際私自身もそうしている。

どこでも仕事ができるライター業務なので、場所の自由というのは、早い段階で得ることはできていたが、実を言うと、海外に出るまでそこに気付くことはなかった。

普通に日本で暮らしていたし、用がなければ遠くまで出かけるようなこともなく、基本的には徒歩圏内で生活をしているような状態だったので、手にしている場所の自由を全く活用していない状態。

そこから一転して、今では来週どの町にいるかもよくわからないぐらいに、各国を転々としているのだから不思議なものだと思う。

実際今は、チェコのプラハにいるが、数日前まではハンガリーのブダペストにいた。

そして、来週にはポーランドのブロツワフという町に移動することになる。

今回は、珍しくバスやホテルの予約を事前に入れておいたが、普段は直前になるまで何もしないということも多いので、ここまで予定が事前に立っていることも私にとってはレア。

旅をしながら働くというのは、場所の自由を最大限に活用することであり、そして余計な荷物を減らして、シンプルミニマムに生きることでもある。

事実私は、飛行機に手荷物で持ち込める範囲の荷物だけに持ち物を削減し、徹底的な断捨離を行った。

それでも、生活には困らないことを証明できたし、身軽に生きていくことによって、リスク耐性を強くすることができた。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ