タブーと分かっているのに・・・


先日のフィリピン不動産視察は、
ある意味で投資家としてのタブーをおかそうとするものだった。


私はハイリスクを取って攻めに回るタイプではない。

堅実に資産構築をしながら、
無理のない範囲での利回りを望んでいる。

それでも伸び盛りの国に投資すると、
日本では考えられない結果が出てはしまうが・・・。




とは言え、
リスクを下げる意味で絶対的に必要なのは分散。

投資対象国を分散するというのは
最低限必要なことになる。

その国の景気動向や為替の値動き等のリスクを考えても、
一国にすべての資産を集中させるのは狂気の沙汰。



フィリピンではマニラの不動産事業への投資が2件、
セブではコンドミニアムをすでに購入済み。

他の国・通貨に比べて資産の割合はすでに高い。

ここでさらにフィリピンに資産を割り振るのは、
バランスを崩すことになってしまう。

それでも、
アジアを離れるこのタイミングで
フィリピンの不動産を見に行かずにいられなかった。



各国が景気対策でお金を刷りまくる中、
そのお金は有利な運用先を求めて新興国に流れ込んだ。

その結果、かつてでは考えられないほどに
新興国の不動産の開発スピードは早まっている。


結局、バンコクやクアラルンプールは
投資対象にはまったくならない状態に。

不動産価格は高騰し、
供給過剰によって家賃は上げられない。

投資家としては苦しい状況になっている。



東南アジアの不動産におけるチャンスは、
数年前に比べて明らかに減少している。

不動産価格の高騰に加えて、円安の問題もある。



家賃収入(インカムゲイン)を得ながら、
長期的な値上がりを待って売却益(キャピタルゲイン)を得るという
新興国不動産の勝利の方程式は、
今ではごくわずかなエリアでしか成り立たない。

それだけのスピードで世界中の余剰資金が動いている。

その資金も、今では安全な運用先を求めて
新興国より先進国に移っているという現象も。


その一方で、
現金を持っていればインフレで実質価値が減少していく。

デフレが常識になっていた日本ですら、
日銀がすでにインフレへと方針転換しているため、
現金や預金は実質的に減っていくのと同じことになる。




メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ