タガログ語を学ばずにフィリピン生活




フィリピンに移住してきたが、
タガログ語を覚える気がまったくない。

この国の言語はタガログ語がメイン。
(フィリピン語というものはない)

次にメインになっているのが英語。


とは言え、
日常の場面で英語が通じないことはない。

フィリピンはアジアの中でもっともきれいな英語を
話す国と言われている。

各国からコールセンター等も移転してきているし、
海外に出稼ぎに出る人も多い。

そんな国だけに、
マレーシアで2年暮らしても片言の英語しか話せない私より
ずっと流暢に彼らは英語を話せる。

こちらがタガログ語を話せないとしても、
まったく問題になることがない。



しかも、フィリピンの中でもタガログ語が
どこでも通じるというものでもない。

たとえば、セブに行けば言葉が違うので、
むしろ英語の方が通じると聞く。

小さな島で構成されている国だけに、
それぞれの島で事情が違う。

そして、観光で栄えている地域であれば
必ず英語ができる従業員が採用される。

逆にタガログ語ができるかどうかは重要ではない。

ということで、
外国人がフィリピンに住んだり、
旅行に来るには英語を使うほうが現実的。



スカイプ英会話もほとんどがフィリピンに
拠点を置いていることからも分かるように、
英語を学ぶ環境として注目されているほどの国なので。

もっとも、私の住んでいるマカティ地区の場合、
フィリピンの中でも物価の高い地域に該当するため、
こちらで英会話教室に行くほうがスカイプ英会話より高い。

スカイプ英会話は雇用の少ない島で経営されることが多いため、
基本的な人件費の部分が違ってくるので。

海外に出て2年以上、
そろそろ英語ぐらいは使えるようになりたいと思う反面、
真剣に勉強する気がなかなか起きないのも事実。

大して話せなくてもどうにかなることも、
この2年でよく理解できてしまったし・・・



何にせよ、タガログ語に関しては
今後も覚えていくつもりはない。

語学学習は必要に迫られない限りしたくないし、
やらなくていいのだからなおさら。


ちなみに、グーグルでタガログ語と検索すると、
「夜のタガログ語」とか
「タガログ語 愛してる」とか、
そうしたキーワードがよく検索される言葉として表示される。

明らかにフィリピンパブで使う言葉が
ニーズとして浮き彫りになっている。


通じるかどうかという観点で見る限り、
別に英語で大丈夫というのが実際だが・・・



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ