タグビラランのフェリーターミナルを望むパングラオ島のホテルに宿泊




パングラオ島というのは、ボホール島の一部のような扱いになっていて、住所を見てもアロナビーチ、パングラオ、ボホール、フィリピンというような並びになっている。

しかしながら、一応は別の島ということになっていて、イメージとして言うとセブに対するマクタン島とか、あるいはスペインに対するポルトガルとか、そんなイメージ。

圧倒的に大きいボホール島に対して、小さなパングラオ島がちょこんとくっついているような感じになっている。

両者は橋で結ばれているので、陸路でそのまま移動することが可能。

今回は、アロナビーチに滞在している期間が長かったので、30日の間の大部分はパングラオ島の南東部に宿泊していたことになる。

そしてボホール島に移る前に、パングラオ島の北東部にあるホテルに宿泊してきた。

ここら辺はあまりホテルが密集しているわけではないものの、一応何軒かは見つかった。

その中でも、 Hotels.comのサイトを見て、比較的評価の高いところに泊まってみたが、海沿いに設置されているカフェでは、対岸にタグビラランのフェリー乗り場を望むことができた。

地図を見ても近くにあるので、見えるかもしれないと思っていたが、案の定ということに。

とはいえ、正直フェリー乗り場というのは、見た目に美しいものではないので、見えたからといってプレミアム感があるわけでもなく、どちらかというとない方が情景としては美しいとすら言える。

とはいえ、海に臨んで右手はボホール島の対岸のダウンタウンの部分が見えるが、左手の部分に注目すると、ひたすら海が広がっていてとても美しい。

更に言うと、フェリー乗り場よりももう少し左手には、対岸にボホール島とはまた別と思われる島が見えて、ちょうどそれがバンクーバーの北側を望むようなイメージになっていた。

何しろフィリピンというのは、約7000の島が集まっている国なので、こういった光景というのは珍しくはない。

そして今回は、パングラオ島からバリカサグ島にアイランドホッピングに行ってきたし、更に言うと、このボホール島にやってきたのも、セブからフェリーでの移動。

こうして船で移動するというのも、なかなか悪くない。

特に船酔いをすることもなかったし、それなりに快適な船旅だった。

個人的にはパングラオ島に泊まるのであれば、やはりアロナビーチの近くが利便性が高く、さらに言えば環境もいいという風に感じる。

確かに北東部も、海はきれいであるものの、何しろ食事ができる場所が少ない。

今回泊まったホテルで食事をしようとしても、とにかくメニューが少なくて、その点で辟易とした。

価格はホテルに併設されているレストランとは思えないほど安いものの、そのメリットを打ち消して十分なだけのメニューの少なさと、味の悪さがあり、結局外に食べに出かけようと思っても、歩いていくにはなかなか厳しい距離となる。

そして、徒歩10分弱のところに、一応小さな屋台が密集しているところはあるものの、そこもローカルフードであるとか、鶏の丸焼きとか、そのくらいしか売っていないので、結局鶏を買ってホテルに戻って食べるとか、そういったところしか選択肢がなかった。

せめてもの幸いは、ホテルから出て3分ほどのところに、ランドリーがあって、洗濯物を預けたら翌日には洗って乾かして畳むところまで済ませてくれたこと。

それ以外の利便性は非常に低いし、バイクタクシーやトライシクルというのは、外国人を見ると明らかに料金をふっかけてきたりするので、わざわざこのあたりを利用するというのは、あまりメリットがないように感じた。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ