海外移住体験で人生の選択肢が一気に増えた


日本から1度しか出たことがない状態で、
海外移住を体験した。

最初はマレーシアの最南端の街、ジョホールバルで2年。

初の東南アジアは住むことを前提に訪れた。




そして、ここでの体験が私の人生を変えたといっても、
言い過ぎということはないだろう。

元々、私は出不精で行動力もない。

基本的に必要のないことはやらないし、
積極的に外出するタイプでもなかった。

しかし、マレーシアに移住してから、
2年で約20都市を回ることになった。

必要に迫られたわけでもなく、単純に趣味として。

それは海外を回るたび、
1つの体験をするたびに次が欲しくなったから。

単純に旅をするのが楽しくなった。



結局、時にジョホールバル移住仲間と、
時にアジア各国に住む友人たちと、
時に1人でアジア各国を回った。

そこで得た体験が元で、
一カ国に定住するという生き方から
当面は離れることにした。


−各国に住みたい

その思いを持つようになって、
マレーシアに2年住んだ後はフィリピンに移住した。


日本で暮らすことも将来的にはありえる。

しかし、今の段階ではまったく視野に入っていない。

もっと面白い生活が出来る場所がいくらでもあることを、
実際に海外移住を体験して実感してしまったから。



日本から出る時は不安だった。

しかし、今ではそれが普通。

そうなった時に広がっている選択肢は無数にあった。


日本以外の国に行ってもやっていけるという自信は、
人生の計画にも大きく影響を及ぼした。

私の場合は世界のどこにいても収入に関係ないが、
(どこでも仕事ができるため)
物価の安い国なら支出は減らせる。

節約する必要もなく、
むしろ生活のレベルは上げながら出費が減る。


そうなれば、当然残るお金が増えていく。

生きていくのに必要な金額自体も下がっていくので、
経済的に大きく自由度が増してしまった。



緻密に計算して海外移住をしたわけではなく、
最初は思いつきで日本を出てみただけだった。

それがきっかけで、
ここまで人生が変わるとは当時の私には予想しなかったし、
それによって体験できたことが期待を上回っていたことは間違いない。



自分の中にある常識がこのままであるはずはない。

生活環境を変えることで、心からそう思えるようになった。

だからこそ、
今後の計画を用意周到に立てようとは思わない。

ベストな選択は変わっていくはずなので。

色々調べたりするのが面倒なだけだったりもするが(苦笑)。


ひとまず流れに身を任せてみるのもいいかと思う。

来年以降もどこかに移住するのだろうし、
それは海外のどこかであることも予想できる。

ただ、再来年以降にどこに住んでいるかなんて、
私自身もまったく分からない。

それでいいと思うし、それが面白い。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ