フィリピン永住権取得手続きのため、日本大使館へ




フィリピンの永住権申請のための書類、
警察証明書(無犯罪証明)を申請するために再び日本大使館へ。

前回は本籍地の番地が分からず
書類を提出できなかったので、
改めて行ってきた。


マカティからタクシーで10分ほど、
日本大使館に到着した。

そこで以前にもらった書類を提出。

すでに記載してきたので出すだけ。

申請書とパスポートのコピーが取られ、
3枚に増えた申請書のそれぞれにサイン。


これで手続き終了かと思ったら、
大使館職員が何のビザか理解できずに困っている。

クオータービザといっても通じないというか、
「そういうのもあるんですね」
と不安なことを言っていた。

年50人の割り当てビザということで話が通じかけたが、
最終的に他の職員に確認しに行って分かったらしい。


iPhoneは日本大使館の入り口で預けなくてはならないので、
その場で申請業者に電話をして
詳しい説明をしてもらうこともできない。

一度入り口まで行って電話をかけ、
大使館向けの説明の仕方を聞いて
また戻ってくるしかないかと思っていたが、
そこまではしなくて済んだ。



これから大使館から日本側に連絡し、
実際に警察証明書が到着するまで1ヶ月半から2ヶ月。

到着は10月頃の予定。

この書類がないと手続きが始められないので、
フィリピン永住権が取れるのは来年になるかもしれない。

何にしても、
これで当面は警察証明書の到着を待つだけ。



手続きは特に大変なものではなかったが、
慣れないことが無事に済んだ開放感で
帰りは近くでハロハロを食べてから帰った。



これでマレーシアに続き、
フィリピンでも永住権を取ることに一歩前進した。



永住権取得記念!
フィリピン・ビザ取得レポートを
期間限定で無料プレゼント中!



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ