ロンドンのテイト・ブリテンががっかりだった




今回のロンドン訪問の目的の一つは、テイト・ブリテンという美術館を見に行くことだった。

ここは初めて訪れるわけではなくて、私が海外旅行に初めてやってきた時にも既に行っていたところ。

そしてここには、ターナーコレクションというウィリアムターナーの作品がたくさん展示していることでも知られている。

以前にロンドンにやってきた際に、このターナーの絵画が気に入っていたので、それを見に来るのが今回の楽しみの一つだった。

しかしながら、別に私はターナーという画家の全ての作品が好きなわけではなくて、光に溢れる旅立ちのようなテーマで描かれている一連の絵が好きなだけで、それ以外はどちらかと言うと、嫌いな絵も多い。

そして、今回テイト・ブリテンに開館時間と同時にやってきたものの、お目当ての何枚かの絵というのは、いくら探しても見つからなかった。

当然ながら、展示物というのは、タイミングによって変えられるのだろうし、ひょっとしたらどこかの国でターナー展のようなものがやっていて、テイト・ブリテンから何枚かの絵が提供されている可能性がある。

どういった事情かはわからないが、今回私のお目当ての絵、同じような構図の港から船が出港している様子の絵というのは、1枚も見つからなかった。

この絵というのは、非常に光溢れる旅立ちをイメージさせるので、旅をしている途中に見ると、とても明るい気持ちになる。

逆にこの絵がないというのは、テイト・ブリテンの魅力というのが半減するし、実際今回行ってみたところ、もう一度来たいとは思わなかった。

その後はブラブラしながら ウェストミンスター寺院を眺めたり、あるいはロンドンの国会議事堂やビックベンを通って、更に北上してトラファルガー広場まで行った。

このトラファルガー広場に面して、ナショナルギャラリーというロンドンの国立美術館がある。

こちらも見てきたものの、ほとんどの作品は素通りするだけで、それほど感銘を受ける絵は多くはなかった。

その中で群を抜いて目を引いたのは、モネとゴッホだった。

モネの絵画については、睡蓮ではなくて、ずっと田舎道が続いていて、その向こう側が見えなくなっているようなそんな絵だった。

この木々の間をくぐっていったら、どこか別の世界へ行けそうな、その絵には思わず引き込まれて、長い間見入ってしまった。

それに対してゴッホの絵というのは、同じ部屋の反対側の壁に掛けられていて、有名なひまわりもあったし、糸杉と麦畑の絵があった。

最初この糸杉と麦畑は、ゴッホに影響を受けた画家が、デフォルメをしすぎたのかと思って作者名を見たら、まさかのゴッホ本人だった。

非常に躍動感がある絵で、おそらく日本の浮世絵の影響を受けてからの作品ではないかと思う。

結局、ナショナルギャラリーにおいては、この二つの絵をじっと見ていたというのが実際のところで、それ以外はルーベンスであるとか、セザンヌ等の有名な画家も作品を残してはいるものの、あまり長い時間じっと見続けるということはなかった。

こちらも二回目の訪問となるが、前回とは違う絵に注目することができて、時の変遷というのを感じることができてよかった。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ