許せない敵


自分の理想とするライフスタイルを語れば、
それがネット世界では価値を生む。

しかし、いきなり理想のライフスタイルを
スラスラと語れるだろうか?

それは難しいのではないだろうか?


心配ない。

むしろ正常な反応なので、
何も気に病む必要はないし、才能がないわけでもない。



理想のライフスタイルを描き出すために、
まずは敵をはっきりさせよう。

あなたがやりたくないこと、なりたくないもの、
関わりたくないもの、許せないもの・・・

こうした敵を書きだしてみよう。



私の場合には、
サラリーマン時代のパワハラ・ブラック企業・リストラ、
将来の見えないサラリーマン生活、人に雇われる生き方が
メインの敵となっている。

優先順位が落ちる敵としては、
満員電車、有給が取れない(旅行にも行けない)こと、
尊敬できない相手と付き合わなければならないこと、
体調を崩しても休めないこと、仕事にやり甲斐がないことが
挙げられる。


私の場合には、敵が仕事関係ばかりだが、
そこに特化する必要は全くない。

健康を気にしないで足元をすくわれている中年とか、
女性なら外見を気にしないおばさんになりたくないとか、
ただ寝るだけでインテリア性のない部屋は嫌だとか、
子供の病気とか、
本当に何でもいい。

大切なのは、とにかく数を書きだしてみること。




これが終わったら、今度は得たいものを書いてみよう。

テーマを絞らずに、
人生において達したいこと、欲しいものを書きだしてみる。

5個や10個じゃないはず。


例を挙げると、

・毎月海外に行きたい
・尊敬できる友人達がほしい
・十分な睡眠を取りたい
・お金を気にせず本を買いたい
・1ヶ月以上の休暇がほしい
・オリンピックを見に行きたい
・子供の病気を治したい
・彼女がほしい
・将来の心配をなくしたい
・会社から解放されたい
等々。




敵と得たいものを書き出したら、
そこから得られるライフスタイルを考えてみる。

すべてを満たせなくてもいいので、
現状で考えられる限りで理想のライフスタイルを。


これは現在達成できている必要はない。

あくまでも理想なので。

ただし、達成できていないライフスタイルを掲げる場合、
それに向けて行動する必要がある。

そのため、まったく達成できそうにない
ライフスタイルではいけない。

その気もないのに医師になって多くの患者を救うとか、
サラリーマンを続けるつもりなのに大金持ちになるとか、
そういうのは意味がない。


たとえば、年に2回は海外に行くという
ライフスタイルを掲げる場合、
それに向けての行動として、
転職したり、今の会社で有給を取りやすい環境を作ったり、
旅費を捻出するために節約や副業をしたり、
旅行の情報を調べてレポートしたり。

こうした行動ができるのであれば、
未達成でも価値のある情報として成り立つ。

しかし、思っているだけで何もしないのなら、
それは何の価値もない情報にしかならない。


なお、すでに達成しているのなら、
そこに至るための方法を教えたり、
自分の体験をまとめれば価値ある情報になる。

この世界4大自由倶楽部の場合には、
人間関係・場所・時間の3つの自由を
すでに私は達成している。

そのため、
残り1つのお金の自由を得るまでの経験をシェアしている一方、
達成済みの3つの自由を得る方法も語っている。

現在は、基本的な情報の提供が中心だが、
今後ステップアップしてもらってからは
共に世界4大自由を達成するための仲間として、
4つの自由のすべてをコンプリートして行く過程を
共有したいと思っている。



そのためにも、まずは敵と得たいものを書きだしてみよう。

ただし、これは誰にも見せないこと。

そういう前提ではないと、
ドロドロとした自分の本音は書き出せないはずなので(笑)

ここは本音で書きだしてみることで、
始めて意味のある行動となる。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ