ベトナムの正月テトの話


ベトナムは、暦として旧暦を採用しているので、正月の場合も1月1日ではなくて、毎年違う日が正月という扱いになる。

このベトナムの旧暦の正月というのは、テトと呼ばれていて、この時期というのは何かと普段と違う扱いをおけることができる。

主にベトナム人労働者にとっては、プラスに働くことが多く、例えば、このテトの前には、2か月分の給料をもらうことができる。

日本で言う冬のボーナスとは違って、このテトの前の2か月分の給料というのは、法的にも保障されているものなので、業績が悪いから出さないとか、あるいはその社員の働きが悪かったから支給しないとか、そういった自由というのは許されていない。

毎月給料が1か月分もらえるのと同じように、テトの前に関しては、2か月分もらえるのが当然の権利となっている。

更に言うと、テトの時期においては、様々な人からお年玉をもらうことができる。

労働者であれば、上司や社長からもらうことができるし、あるいは、店舗で働いている人であれば、常連客からもらうこともできるということなので、これは労働者階級にとっては非常にプラスの時期になっている模様。

では、気になる金額はいくらぐらいかと言うと、会社でもらう場合に関してはだいたい500円弱、これが関係が薄くなってくると、支給される金額というのも小さくなっていって、一般の飲食店等で働いていて、お客さんからもらえるお年玉というのは、だいたい数十円程度になる。

このように、サラリーマンであるとか、あるいはアルバイトをしているベトナム人にとっては、このテトの時期というのは、非常に金回りがよくなる一方で、出費も何かと多い時期。

更に言うと、休みも取れるので、里帰りをする人も多い。

そこで起きる問題というのは、休暇後も、戻ってこない人が存在するということ。

日本においても、ボーナス支給後に離職するという人は比較的多いものの、ベトナム人というのは、それ以上にこうした傾向がみられるらしい。

具体的にどれぐらいかと言うと、だいたい10%ぐらいの人が、正月休暇が明けた後も、職場に復帰しないでそのまま辞めてしまう。

会社によっては、40%の人が辞めてしまう場合もあるということなので、こうなってくると、通常営業ができないという問題も生じてくる。

ただでさえ、このテトの時期の前後というのは、ほとんどの業種において、売上が下がるらしい。

というのも、まともにビジネスが回らなくなるというか、たとえ休暇前であっても、役所や会社が一部、事実上の営業していないとか、そういったこともあるので、どうしてもその時期は、通常のビジネス活動というのができなくなる。

マレーシアのラマダンとか、フィリピンのクリスマス前も同じような状況になるので、こういった感覚というのは納得できる。

経営者としては、出費が増える一方で、売上が落ちるということで、このテトの時期というのは毎年かなり苦労するらしい。

そして、このテトが終わって、戻ってこない社員の分を、補充しようと思って雇用する企業が多いので、この時期というのはどうしても求人が増えて、新しい仕事を見つけやすい時期ということになっている。


ページの先頭へ