タイの朝食はマレーシアよりも健康的


クアラルンプールからバンコクに来てみて感じているのは、どちらの国でも朝食を屋台で食べているが、明らかにバンコクの方が健康的であるということ。

マレーシアの朝食の屋台というのは朝食には限らないが、昼も夜も含めて基本的に野菜単品のメニューというのは少なく、特に朝の場合であればご飯や麺とセットになっていることが多い。

しかもそういったメニューで野菜が含まれているものを食べようと思えば油でギトギトになっていることもあって、野菜を食べるということは一緒に大量の油も摂取するということ。

野菜だけを食べるということはなかなか難しい。

これに対してバンコクというのは朝食のメニューであっても様々なものがあって、例えば果物の切り身などもアソックのスクンビット通り周辺であればいくらでも手に入るし、あるいは砂糖不使用の100%果汁だけの天然のジュースというのも飲める。

更に言うとビニール袋に入ったニラと卵の炒めたものとか、あるいはエリンギやしめじ等のキノコを炒めたものとか、そういったもの。

或いはそれらの野菜というのを煮出したものとか。

いろいろあるので、ちゃんとメニューを選ぶことによって朝からかなり健康的な食生活を送ることが出来る。

例えば私の今日の朝食というのは、白菜とほうれん草を炒めたというよりはおそらく煮たものと、それから卵のオムレツ。

更に焼き鳥のレバーが3本と他にもホルモン系を1本。

おそらく胃腸かもしくは心臓かのどちらかだと思うが、そういったものを食べて、更に赤飯というものも食べた。

ラオスでもそうだったが、タイにおいてももち米というのは非常に美味しくて、赤飯であったりとか、或いはちまきも売られている。

こういったメニューというのはハズレがないのに対して、やはり白いご飯というのは非常に美味しくない。

そこら辺は所謂タイ米というのが、日本の20年ほど前にあった米不足の時にも取り沙汰されたが、それは未だに改善されていないと感じる。

逆に言うとチャーハン等にするには美味しい米ではあるのだが、炊いて食べるには向いていない米。

そのため私はタイでご飯を食べるときにはもち米の料理を食べるか、もしくは日本食レストランで食べることにしている。

ちなみにココイチのコメというのは3年ほど前に食べた時に、酷く不味かったのを覚えているが、先日もう一度試してみたらちゃんとした日本の米、もしくはそれに近い品種を使っていて、非常に美味しく食べることが出来た。

ココイチもほうれん草とかシジミとかそういったものをトッピングすることも出来るし、使いようによっては非常にヘルシーな食事をすることが出来る。

勿論、こちらは朝にはやっていないので夕食とか昼食に使っている。

このようにタイというのは朝から健康的な朝食をとることが出来るので、そこら辺はこだわる人にとってもかなり助かるのではないかと思う。

タイというのは東南アジアの中でも優等生と呼ばれるくらいに発展が継続的に行われてきているし、そういった意味で人々の文化的なレベルも若干周辺諸国よりも高いのではないかと思う。

それは例えば街中に緑や花が沢山あることであったり、健康にも気を配った食生活であったり、そういったところにも反映されている。

この国においては例えば香草とかキノコとかそういったものもたくさん食べられているので、実際街を歩いている人を見てもスマートな体系の人が多いし、長期的に暮らしていく上ではそういったところもプラスに働くのではないかと思う。

ただし、そこら中にたくさんバーがあるし外国人が、特に白人が昼間から美味しそうにビールを飲んでいるのを見ると、ついお酒を飲みたくなるという誘惑にかられるところはあるので、飲み過ぎには注意しなければいけない。


ページの先頭へ