移住先としてのタイ




私はマレーシアに住んでいながら、実はタイの方が好きだったりする。

ただし、現在ではビザの条件が厳しくなり、リタイアメントビザが取れる50歳以上にならないと、簡単には住めない。

タイの魅力としては、人が優しいこと、食べ物が美味しいこと(日本食のレベルをマレーシアと比べても、明らかに違う)、首都バンコクならクアラルンプール以上の発展していること(個人的な感覚として)などがある。

バンコクは中心地からスワンナプーム空港まで1時間もあれば、電車でもタクシーでも行ける。

エアアジアは古い空港であるドンムアンを使っているが、こちらもアソック等の街中からの所要時間は同程度。

ただし、スワンナプームとは違って、電車のみではたどりつけないため、最寄り駅からはタクシーかバスを利用することになる。


バンコクは市内を走る地下鉄やモノレールもきれいだし、移動も楽。

東南アジアでトップクラスの和食の充実度だし、物価も安い。

タイと言えばASEANでは経済が発展しているイメージがあるものの、スタバ等のバイトの人件費を見ても、マレーシアの半額程度。

マッサージも1時間1,000円を切っていたりと、物価の恩恵を受けることができる。


ビザの問題さえなかったら、真っ先に移住先として選んでいた国だろう。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ