物価だけで言うなら東欧は東南アジアに負けていない


海外移住をする際に、物価が安い国に行きたいと口にする人は多い。

実際かつては、東南アジアやオーストラリアを初めとして、定年後の退職金や年金を使って、悠悠自適な生活を送ったり、日本では考えられないようなプール付きのコンドミニアムで、優雅な生活をしたいということで、移住をする人も多かった。

しかしながら、オーストラリアに至っては、すでに日本の2倍の生活費がかかるほど物価が高くなり、未だに情報が遅い人にとっては、住みやすい国というイメージがあるようだが、現実はそこから大きく乖離している。

所詮イメージなんてそんなもんで、5年も10年も遅れているということはざらにある。

東南アジアはそこまでひどくはないものの、バンコクやクアラルンプールやジャカルタで、典型的な駐在員のような暮らしをしたいのであれば、最低でも5〜6万円から7〜8万円程度の家賃はするし、ちょっと広めの部屋を借りたければ、10万円以上家賃がかかるということもある。

もちろん駐在員の場合であれば、通常は会社負担ということになるので問題ないが、定年後であるとか、あるいはそれ以外であっても、自分で個人的に移住をしたいという場合は、当然家賃は自身で負担しなければいけないので、結局日本の地方よりもかえって高かったりする。

もちろん共有施設であるとか、そういう部分の充実ぶりを考えれば、プールが付いているのは当たり前だし、バンコクであればゴルフシミュレーターがついていたりとか、メインストリートまでの送迎のカートがあったりとか、私がマカティに住んでいた時であれば、ビリヤード台やジムやダーツまであったので、そういった部分での豪華さは比べるべくもないが、物価が安いというだけの理由で移住をするのは、もはや的外れな選択になりつつある。

その一方で東欧に関して言うと、家賃水準が東南アジアと変わらない国というのはざらにあるし、今私がやってきているブダペストというのも、中心部から徒歩5〜6分のところにあるアパートメントで、ワンベッドルーム7万円とか、そのくらいの家賃で住むことができる。

プール等の共有施設は何もないものの、十分に清潔で広いところなので、これはこれで魅力的。

更に言うと、東南アジアよりも食料品は安めな傾向にあるので、いちごが500gで250円ほどで売っていたりとか、パンも安いものだとこぶしぐらいの大きさのものでも、1個7円ぐらいとか、東南アジアに4年住んでいた身としても、信じられないような価格で食べ物が売っている。

こういった国というのは、食料品のような生活必需品と、いわゆる贅沢品とで、消費税を変えていたりもするので、尚更こういったことが起こりやすい。

一方でマッサージ等のサービス業はそこまで安くない傾向にあるが、東南アジアと比べ、全体的にも物価や生活費はほぼ変わらず、そういった意味で言うと、ポーランドやチェコやハンガリーのような東欧というのは、魅力的な選択肢になりえる。

もっとも移住に関して言うと、ビザという要件を満たさなければいけないので、その点においてはハードルは高いが、1ヶ月や2ヶ月程度のショートステイであれば、検討しないのは勿体ない場所になっている。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ