海外旅行の計画が面倒になった


旅は行く前の計画段階、行っている最中、帰ってきて思い出すときの
3段階の楽しみ方があると聞いたことがある。

この法則が私にはまったく当てはまらない。


確かに旅行に行けば楽しいし、
それを思い出すのもいい。

ただ、事前の計画は面倒で仕方ない。

むしろストレスにすらなる。

誰かが決めてくれるのなら、その方が助かる。



もう海外旅行も慣れてしまったので、
計画を立てるのが雑務というかルーティーンにしか感じないのかと思った。

しかし、考えたらそうでもない。

初めて海外旅行に行った時、
ロンドンを皮切りにヨーロッパを回った時も
ほとんどノープランだった。

何しろ、ガイドブックすらロンドンで偶然手に入れられたぐらいなので。


ユーレイルパスを買いに行ったら、
(これも日本で買っておけばよかった)
そこに地球の歩き方ヨーロッパ篇が売っていた。

あれがなかったら、
何を頼りにして初めてのヨーロッパを巡るつもりだったのか。

どうも事前準備をするという頭が私にはないらしい。







そういえば旅行どころが
海外移住の際にもろくに下調べもせず、
下見もなしに現地に行っている。

そういうところに性格が表れているのだろう。

そう考えると、
もう救いようがないというか、
この歳になって変えるよりも諦めたほうがいい気がする。

そういう人間性であることを前提に
暮らしていく方が簡単な気がするので。


ページの先頭へ