UCCカフェテラスはセブとマニラでメニューがだいぶ違う




フィリピンでは和食レストランが少なくないが、UCCカフェテラスも進出していて思わず何度か入ってしまった。

マカティに住んでいる時にもグリーンベルトに歩いて行く途中にあったし、セブの場合は自宅の近くのアヤラセンターの1階にあってマリオットホテルから直結した入口のところに見られた。

このセブの方は1人で入る以外にも投資視察の際に立ち寄ったりといった有用な情報交換の場でもあった。

さらに言うと、アヤラセンターの場合、全館通じてのWi-Fiというものはあるが、それぞれの店でネット回線を引いているかどうかというのは店舗によって差があり、UCCカフェテラスは独自回線を持っているのでネットにパソコンを繋ぎたい時に訪れる場合としてもちょうどよかった。



なにしろ元々このUCCというのは上島コーヒーなので日本のブランドだが、実際マニラやセブで店に入っても日本語でいらっしゃいませと言われることがある。

そしてメニューも日本を意識した物と思われる物が少なからず並んでいる。

しかしながら、必ずしも味が日本っぽいのかというとそうでもない。

特にその傾向を顕著に感じたのがカレーライスで、ミックスシーフードフライカレーとか、ハンバーグカレーとか、ビーフハヤシとか、ベジタブルカレーを今まで食べてきたが、いわゆる日本のカレーというよりはややインド寄りの味付けという感じがする。

ただし、完全にインド系のカレーまではっきりとエスニック系の味を指向している訳でもなく、日本とインドの真ん中よりはややこちら側という印象。

そのため、いかにも日本風のカレーを期待していると少々違和感を覚えるが、そこまで抵抗のある味ではない。



また、UCCカフェテラスはデザートが充実していて、マニラの方だとフルーツワッフルとかフレンチトーストバスケットとか、フレッシュフルーツプラッターとか、バナナチョコレートフレンチトーストタワーとかマンゴークレープとか、カフェ・アフォガードとか色々なものがある。

さらに言うと、ハロハロも評判が高く、確かにフィリピンの中でもかなり上位のランクに入ると思われる。

これ以外にも、マニラの方だといかにも日本っぽいものとして北海道フレンチトーストとか、カツ丼や牛丼、ビーフ焼肉まであるが、セブでは確かそういったメニューは無かったように思う。

カレーは何種類もあったし、パスタもサーモンアンドスピナッシュとか、ガーリックペッパーチョリゾーといくつかあったが、相対的に見てマニラ店の方がメニューの数は多かった印象。



そしてセブのUCCカフェでの唯一の心残りは、本気を出した抹茶パフェを食べられなかったということ。

この本気を出したというのはどういうことかというと、抹茶パフェそのものは食べられたのだが、本来このメニューというのは抹茶アイスクリームを乗せたものになって、抹茶感というのはそこにしかない。

しかしながら、なぜか毎回アヤラセンターの店に行くと抹茶のアイスがないので、他の味に変えるか、他のメニューに変更するように促される。

一度チョコレートのアイスクリームに変えてもらったが、あんこがあったりするという意味で多少の和風の雰囲気はああるもののやはり抹茶がどこにもないので、その点は心残りなところだった。

この他に、UCCカフェテラスでは炭焼きのアイスコーヒーがあって、コーヒーが角切りの氷状で出て来て、そこにミルクを流し込んで飲むようになっている。

こちらは投資視察の際に見ていても、評判の高い飲み物だった。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ