映画・海街diaryが示す家族観の不安定さ


映画・海街diaryをバンコクにて鑑賞したが、キャストが豪華な作品で四姉妹の長女の香田幸は綾瀬はるかが演じ、その妹の次女にあたる佳乃は長澤まさみが、三女の千佳は夏帆が、そして腹違いの妹である浅野すずを、広瀬すずが演じている。

それ以外にも、大竹しのぶとか、堤真一とか、リリー・フランキーとか、樹木希林や、加瀬亮などの豪華陣が脇を固めている。

この作品においては父親がふらふらしていて、四姉妹のうち上の三人はもう15年以上も会っていなかったところ、父親の訃報を聞いて葬式に出るため鎌倉を離れて山形へ赴いたところで浅野すずと初めて出会う。

この父親がすでに、浅野すずの母親である二人目の再婚相手を亡くしていて、最後は三人目の妻と生活をしていたということになっている。

その後、四姉妹が一緒に住むということを通じて映画が展開していくのだが、世界的にみても家族の在り方というのは相当不安定になってきていて、この作品もそういった背景が少なからず影響しているのではないかというふうに感じる。


世界的な家族の在り方の多様化

現代における家族感の崩壊というか、まだ十分に刷新されず、しかしながら崩壊したままというわけにもいかない悩ましさは、離婚率の上昇、国際結婚の増加、養子縁組などによる複雑な関係の増加といったことが原因となっている。

海街diaryにおいてはまさに離婚というのが関係していて、この作品においては四姉妹のうち上の三人は既に自立して仕事をしているため、家庭による影響を直接的に受ける立場にはいない。

父親が亡くなって葬式に出たり、母親が法要の際に戻ってきたりといったことはあるにしても、子供が親の保護下において生活をしているという状況は既に脱していて、そのうえで自らの意志で実家に留まっているというだけなので、ある意味で言えばすでに一番面倒な時期はクリアしたともいえるが、四女のすずの場合はまだ中学生ということもあり、誰かの保護下に入らなければいけない。

物語の当初においては、父親がまだ存命だったので再々婚相手、つまり継母と一緒に暮らしていたということになるが、父の没後は腹違いの姉達と暮らすことになった。

これが離婚率の上昇によって生じる典型的なケースとは言い難いが、どこかで日本社会が、さらに言えば世界的に見ても家族の在り方についておぼつかないところがあり、それが心もとなさに繋がっているような空気感はある気がする。

それに対するひとつの回答の形がこの海街diaryに込められている気がするが、思いのほか山や谷が作られることはなく、淡々としているといった印象であった。

なにしろ三姉妹の母親と父親が離婚した原因となったのが、すずの母親ということを考えると、もっと泥沼のような思いをお互いに抱えていても仕方がない感じがするし、そういった修羅場を通して絆を再生していくという流れになっていくのかと思ったが、意外にそういったことはなく、映像も日本の情緒を通して美しく紡がれていったという印象。


偶像としての美しい落としどころ

海街diaryの全編を通してみえるのは、平和さや愛情、思いやり、日本の美といったところ。

例えば梅酒作りをしてみたり、小鉢の多い丁寧な食卓が映し出されたり、手をかけて障子紙を張り替えたりといった、丁寧でしっかりと手間ひまをかけた伝統的ともいえる生活が、若い四姉妹を通して描き出されている。

それ以外にも花火や桜など、日本的な美が込められ、その中で四姉妹の情緒が描かれていく。

当然ながら最初は異物感のある四女が徐々に馴染んでいくということで物語は進んでいくが、それ以外に看護師をしている長女の話とか、銀行に勤めている次女の話が出てきて、仕事を通して人の死とどう向き合うかとか、自身の恋愛を通して父親や母親に抱いていた確執と、どう向き合うかといったテーマも描かれているが、不思議と三女についてはかなりスルーに近い印象だった。

それはそれとして、海街diaryの世界はひとことで言うと優しい。

それはある意味でいえば理想的とすらもいえるぐらいに。

時代が変化する時には人々の心に空白ができるので、それを埋めるような作品が待ち望まれることになる。

この海街diaryが出てきたのは、そういった家族の在り方とか、これからの人間関係に対する漠然とした不安を埋めたいという多くの人の心理が、反映されているのではないだろうか。

そしてこの問題には、明確な処方箋があるわけではなく、家族の形の数だけ悩みもそれぞれ。

そう考えると、ある種の偶像ともいえるレベルまでこの映画が優しく美しい映像で作られているというのは、時代のニーズに合わせてある、もしくは偶然にマッチしたものであると言えるのではないだろうか。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ