次はベトナムの観光ビザを取ってロングステイすることにした


今回のベトナム縦断の旅を終えて感じたのは、フエやホイアンといった中部の街はロングステイ先として、非常に魅力的であるということ。

その一方で今回のような、ビザなし滞在の場合15日間しか滞在が許されず、さらには中部に行くにはハノイ、もしくはホーチミンを経由しなければいけないこともあり、ロングステイとはほど遠い慌ただしい旅行しかできない。


今回の南から北までの縦断を考えても、途中でホイアンを省略するという決断をしたものの、それでもホーチミン、フエ、ダナン、ハノイと4つの都市を回っているので、15日だとそれなりにばたばたと慌ただしくなる。


当初はそこにホイアンが加わって、5都市になるので単純計算では1都市3日でそこに移動も含むという計算になる。

しかしながら、観光スポットを結んでいくような旅行の仕方がしたいわけではないので、もっと生活に根ざしたスタイルでロングステイをしていきたい。

そう考えたときに、3カ月間滞在することができるベトナムの観光ビザはそれなりに魅力がある。


本当は6カ月ぐらいあればいいと思うのだが、贅沢は言っていられないのでその範囲内で活用法を考えていくことになるが、中部のフエやホイアンに関しては東南アジアの中でも珍しいことに、時期によって気候の変動があるので雨が少なく、比較的涼しい1月から4月の間で手を打つのが、妥当だろう。

今現在はセブの自宅も引き払いホテル暮らしをしているが、ベトナムにロングステイする場合、コンドミニアムを借りるのかホテルに宿泊するのかということを考えると、ホテル暮らしでいいのではないかと思う。


というのも、ベトナムはホテルの宿泊費が物価全体の中で見ても安く、あえてコンドミニアムを探す苦労をしたり、敷金が戻ってこなかったり、そういった交渉するような手間やリスクを負うメリットがない。


しかも、3ヶ月の滞在でホイアンとフエの両方ということを考えると、1つのコンドミニアムの滞在期間というのは短くなるし、そうなれば1年間借りる場合のように割安な金額で賃貸物件を見つけることは困難で、実質的な出費はホテル代と対して変わらないと思われる。

それであれば、毎日のハウスキーピングが付きタオルやシーツも変えてもらえる方がありがたい。


そして次のベトナムのロングステイの際には、ハノイやホーチミンは極力トランジットのみの利用にしようと思う。

ホーチミンだったらまだ、タンソンニャット国際空港から市内までが近いので、ついでに寄ってもいいと言えばいいが、ハノイのノイバイ空港から市内までは遠く、一泊程度であればわざわざ市内まで行くのは割に合わない。


そう考えると、空港から出ないでそのまま移動するのが妥当だが、恐らくはバンコクからのルートになる可能性が高いので、移動距離を短くして体の負担を減らすという観点からは、ホーチミン経由でダナンに飛び、そこから陸路でホイアンを目指し、現地入りしてからホイアンとフエの日程のバランスをとるというのが妥当なところだろう。


ホイアンからフエまでは車なら3時間、バスだと4時間ぐらいで行けるようなので、その方法で移動して、帰りはフエのフバイ国際空港からホーチミンのタンソンニャット国際空港に飛び、そこからバンコクなり他の国なりに飛べばいい。


最近は、基本的にビザなしでの滞在をしてきたが、ベトナムであれば3ヶ月の観光ビザがあるし、タイも2015年の後半に6カ月間滞在できるマルチプルビザを新しく発行するようになった。


こういったものを利用することによって、さらにホテル暮らしをしながらの快適な生活というのは幅が広がっていくし、海外でロングステイをしていく際の選択肢が増えていく。


もちろんこういった方法以外にも、元々台湾やマレーシアのようにビザなしでも3ヶ月滞在できるような国もあるので、これらを組み合わせていくと、うまい具合に移動を減らしながら快適に過ごせたりする。

さらにそこにカナダや東欧、更には季節が真逆の南半球にあるオーストリアやニュージーランドまで加えていくと実は無数に選択肢があり、季節の無い国、ある国をそれぞれ上手に組み合わせることで、世界各国を気候のいい時期に回ることも可能。


実際にはそう上手くいかなかったりすることもこの数年で感じてきたが、ある程度事前に先読みしておけばできることも増えてくる。

ベトナムの場合だったら1月から4月までとベストシーズンが決まっているので、来年はこの時期をベトナムに極力割り当てたいと思っている。

こんな発見ができたのは今回の旅の大きな収穫だった。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ