ワルシャワ旅行は見送ることにした




ポーランドにあるクラクフに行ったので、そのまま北上してワルシャワに行こうと思っていたが、今回は見送ることにした。

というのも調べてみると、ワルシャワというのは比較的見るような場所が少ないという話が多いことと、今回は南下して、南下というよりも西の方に行って、スロバキアのブラチスラバや、チェコのプラハに行くということを優先したため。

クラクフに関して言うと、非常に気に入ったので、今後も再びやってくるということは確実に予想できるし、ワルシャワはその時でいいかということになった。

北上してワルシャワの方に行ってしまうと、そこからうまく陸上の交通で他の町を繋ぐことができないし、今回は東欧を色々見て回りたかったので、ワルシャワはパスをして他の国を優先することにした。

更に言うと、ブラスチラバからウィーンというのは非常に近いので、もしかすると寄るかもしれない。

更に言えば、ハンガリーのブラペストも比較的近いので、実は言うと寄ろうかと思っていた。

しかしながら、ブラペストというのは、以前に一度行ったことがあり、あまり空気が良くない印象もあったし、今回の旅のテーマとは少しそぐわない。

というのも今後、東欧の中で滞在型の旅に活用できるとか、そういった町を探しているので、空気が悪い場所というのはあまり候補にならないし、それであればクラクフの方が圧倒的に優位性がある。

そんなこともあったので、今回はブダペストも飛ばすことにして、直接スロバキアのブラティスラバに行くことにした。

実を言うと、本来乗る予定だった電車に乗れなかったこともあり、途中でチェコの駅に寄って、そこで夕食をとるという機会があった。

これは待ったくの予想外だったし、そもそも降りた駅がチェコだとは思わなかったので、てっきりオーストラリアだと思っていたら、なぜか夜7時くらいにも関わらず、軒並み駅の近くの店というのが閉まっていて、唯一開いていたスーパーに入ったら、明らかにユーロではない単位の価格表示になっていたので、それでどうやらチェコらしいという結論に至った。

更に駅に戻ってから、ネットが使える状態になっていたので調べてみると、やはりその現在地というのがオースリアではなく、チェコであるということがわかって、その国の通貨で価格が表示されていたということがわかった。

ヨーロッパを旅していると、基本的にはどの国もユーロを使えばそれで決済ができるので、その感覚でいたものの、東欧というのは、ポーランドであればズウォティを使っているし、チェコもまた独自通貨を使用している。

以前にハンガリーを訪れた時もそうだったので、もし変わっていなければこちらもユーロではなく、独自通貨の国ということになる。

スロバキアに関してはすでにユーロに切り替えているので、その点の不便はないものの、こうして考えてみると、移動の利便性というのは確保されているものの、通貨の独自性というのは保たれている国もあり、そういったところというのは、少々旅行者としては面倒なところもあるということを改めて感じた。

ワルシャワに関しては、クラクフとセットにして考えると、ズウォティを使いまわすことができるので、その点は若干便利ということになる。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ