仕事で失敗ばかりで落ち込むのは適性を無視しているから?


仕事で失敗ばかりをして落ち込み、
それがモチベーションの低下や焦りにつながってしまい、
ますます悪循環にはまっていく。

そんな人は意外に多い。



私のコンサル生の中にも、そんな人がいた。

彼の場合には、サラリーマンとしての仕事で失敗ばかりで、
そんな自分に落ち込むことが多いという話だった。

私が指導していたのは本業とは関係のないビジネスで、
彼が個人として始めた副業だった。


特に本業と関連のあるものでもなかったので、
一からのスタートとなる。

経験者というわけでもないので、
時間がかかることは予想していた。

実際、彼の能力は飛び抜けて高いわけではなかったし、
他の人と同じ程度にはつまづいたり、
おかしな方向にそれそうになったりはしたものの、
特別仕事ができない印象はなかった。

どちらかと言えば、
平均よりはやや上ではないかと。

少なくても、失敗ばかりということはなかった。



色々話を聞く機会があったのだが、
彼の本業でのミスは職場環境に要因がある気がした。

常に急かされるような状態で指示を受け、
無意味にせっつかれて失敗をするということなので。

しかも真面目な人なので、
それで落ち込んで、次こそはと気持ちが張り詰めているところに
次のミスが発生してますます気持ちが落ちたりする。



副業だと1つ1つの作業に締め切りはなく、
余裕を持って対処できる。

彼の場合は秒刻みで仕事を管理するタイプではなく、
もっとおおまかにスケジュールを立てたほうがうまくいくらしい。

しかし、職場環境をコントロールするような立場にはなく、
上司もそれぞれの部下に合わせて
マネジメントの仕方を変えるような柔軟性はないということで、
この点はあきらめるしかなかった。



また、仕事の失敗の原因が人間関係にあるケースもあって、
コミュニケーションを拒否するような先輩社員がいて、
そこからの引き継ぎで問題が起こるという。

その先輩社員が仕事のできない人で、
引き継ぎ前からすでに問題をはらんだ状態で渡され、
しかも説明すらまともにしてもらえない。

結局、それをどうにかしようとはするものの、
彼の力では及ばずに上司に文句を言われることになる。



こういった対人コミュニケーションが仕事の一部として
ほとんどの職場には存在する。

会社組織に属して働くのであれば、
これは避けられない命題のようなもの。


しかし、そこから解放された方が適性に合っている人もいる。

1人になって解放感から堕落する人もいるが、
その方がバリバリ働けるタイプの人もいて、
彼はそのパターンだったらしい。


同僚と余計なコミュニケーションを取ったり、
気むずかしい先輩社員の機嫌を取る事自体がストレスになり、
本来の仕事に取り組む以前に消耗していたのが、
副業ではそういったことがなくなった。

そうすると、精神的に疲れづらいし、
失敗をして落ち込むようなことも少ないと言う。



仕事の適性というと、
業種との兼ね合いばかりが取り沙汰されるが、
職場環境との相性というものもある。

多くの人は和気あいあいとした会社を理想とするが、
実はギスギスした会社で働くことを喜びにする人もいる。

私がかつて遭遇したパワハラ上司はこのパターンだろう。

攻撃的な性格の人にとっては、平和は望みではないのだから。



そして、1人で仕事をするとか、
限られた時間だけ人に合うのが向いている人もいる。

常に同僚に囲まれていると落ち着かないとか、
集中できないタイプはこちらに該当することがある。

一部の企業は、
決まった曜日の特定の時間だけ社内の雑談を禁止し、
効率を上げていると聞く。


逆に言えば、
それだけ周りの同僚が普段は邪魔になっているということ。

もちろん、情報の交換をしないと仕事に支障をきたすとか、
円滑に業務を進めるために話し合いが必要というのも分かる。

しかし、それすら向き不向きがあるというのが事実。



そこに適性がない人を放り込めば、
失敗ばかりする原因になる。

本人も手を抜いているわけではなく、
才能の問題なのだから仕方ない。

落ち込んで反省したところで、
向いていないという根本的な問題は解消されない。


それよりは、自分に合った環境で働くほうが力を発揮できる。

虚弱体質の人がガテン系の仕事に向いていないように、
人にはそれぞれ適性がある。

ただ、自分の適性は不思議と見えづらいのが問題ではあるが・・・。


他人のことはよく理解できても、
案外自分自身については間違った認識を持ちがちなので。

まして仕事の環境を選べるチャンスなんて少ないし、
職場選びに失敗するパターンの方が
世の中では圧倒的に多いのだろう。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ