ブロツワフは中央広場と水辺のエリアで二度楽しめる




ポーランドのブロツワフという町は、水の都とも呼ばれているが、ベネチアやアムステルダムのように、町中に運がが張り巡らされているというわけでもない。

これは事前に地図を見ていて、だいたい予想がついていた。

ホテルの予約サイトをチェックして、予約をする際に、ホテルの位置も見ていたので、どうやら中心部と思われるところを、ぐるりと水路が囲んでいるような形になっているというのは、地形から予想はついていた。

東欧の地方都市の多くがそうであるように、ここも中心部におそらくは広場があって、そこが最も観光客が集まる場所であるだろうと思っていたが、案の定だった。

ちなみにこの旧市街の規模というのは、クラクフに続いて、ポーランドで第二位らしい。

しかしながら、クラクフの規模と比べると圧倒的に小さく、ほとんどは1つの広場に収まっていると言ってもいいぐらいだった。

特に急ぐ旅でもなかったので6泊したが、その間中央広場には、毎日行っていた。

別に用事があったわけでもなく、食事の際等にどうしても通ることになるため。

最初のうちは、おとぎの国のようなイメージを受けたし、毎日祭りのような出店が出ていて、更には水車があったり、町の至る所にドワーフの銅像があったりして、おしゃれな町だと思っていたものの、さすがに何日も同じ光景を見ていると飽きるもの。

パテルニアや、カフェコンスピラ等の店にも行ったが、料理は美味しいものの、やはり小さな町なので、店の数はそれなりに限られている印象。

中央広場に面しているバーで、ビールを飲むのが定番の夕方の過ごし方になっていたが、そう長居する場所ではないように感じていた。

しかしながら、その考え方が変わったのは、水辺の中でも、中心部からブロツワフの北の方に足を運んだ時。

南の方には、それまでも行っていたが、北の方は、最終日前日になってようやく足を運んだ。

こちらは巨大な教会が立ち並び、更には橋にたくさんの鍵がかけてあったりして、観光地としての魅力がかなり高くなっている。

地下のレストランで食事をしたり、ロリーを食べたり、充実した時間を過ごすことができた。

ブロツワフという町は、この中心部と北の方と教会が立ち並ぶ水辺と、二つの魅力を持っている。

北の方にはボタニカルガーデン等もあるし、なかなか環境はいい。

そういえば、メルキュールホテルに隣接している、そこそこの大きさのショッピングモールもあったが、そこの2階のカフェで食べたケーキも美味しかったし、4Dジェラートという店のジェラートも美味しかった、

やはりポーランドという国は、食べることに関しては事欠かないし、非常に物価が安い。

そういった意味で言うと、単なる観光だけではなくて、しばらく腰を据えて、ここで仕事をするとか、そういったことを取り入れてみるのもそれはそれで悪くないように感じた。

とはいえ、何かのついでに来る町というのが基本的な位置づけで、ブロツワフに再び訪れたいと積極的に思っているわけではないし、一度回れば十分という印象。

のんびりするにしても、基本的に観光メインであれば、1泊とか2泊で十分だった。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ