やる気が出ない仕事を続ける意味がない時代になった


普通にしていたらやる気が出ない仕事をしながら、
無理やりモチベーションを上げようとするのは
サラリーマンなら誰しも経験があるはず。

私も会社に勤めていた時にはそんな日々が続いていた。

その対価として給料をもらっていたし、
仕事を選ぶ余裕もなかったので仕方なかった。

簡単にやめてしまえば、経歴にも傷がつく。

転職するのにも不利になるので、
職場環境が劣悪でパワハラが横行している状態でも
退職願を簡単に出すことはできなかった。



その結果として、残ったものは何だろう?

結局、やる気が出ない仕事をさっさと放棄した方が、
人生はスムーズに進んだのではないかと思う。

私の場合、そんな生活から抜け出すために副業を始めたし、
それが今の本業になった。

つまり、独立して自分でビジネスを行うことができている。


今の立場になってから、仕事にやる気が出ないということがない。

もちろん、短期のスパンで見れば気が乗らない日もある。

体調がいまいちであったり、煮詰まったりすることもある。

しかし、長期的に見ればモチベーションは勝手に湧いてくる。

独立当時はサラリーマンに戻りたくないというのが大きかったし、
その後は自分の生きたいように生きるために仕事にこだわってきた。

今となっては住む国にすらこだわらず、自由に暮らしてはいるものの、
その基盤に稼ぐ力があることを忘れたことはない。

人生に直結していて、成果が収入に反映されると実感できれば
自然にやる気は出てくる。



元々はサラリーマンを辞めたいというのがモチベーションだったので、
何かをしたくて独立したわけではなかった。

むしろ苦痛から解放されることが願いだった。

その意味では、「好きなことを仕事にする」とか、
「やっていて心が踊ること」をしていたわけではない。

考えたのは、資金力がなくてもスタートできること、
私の適正に決定的に合わないものではないことぐらい。


安月給のサラリーマンだった私には、
まとまった資金がなかった。

そのため、コストをかけずに始める必要があった。


飛び込み営業のような自分に向かないものも、
長期的に続けていくのが心理的に苦痛になるのは明らか。

こうしたものは避ける必要があるし、
さすがにやる気が出ないだろうとは思った。



世の中のほとんどの仕事は、
天職でも最悪でもないどちらつかずのポジションにある。

その中から、見つかる限り最良のものを選び、実践することにした。

天職なんて求めていたら、永遠に行動を起こすことができない。

夢見るオジサンにならなくてよかった。



すでに終身雇用や年齢に応じた昇給がシステムとして崩壊した以上、
会社にこき使われてやる気が出ない仕事に従事したところで
納得できるだけの報酬を得られる見込みは小さい。

特に40代前半か、それより若い世代は。

私のように30代の場合、
もはや旧来型の組織に勤めても長期的に見て希望はない。

にも関わらず、人々の価値観の変化は
革命的な出来事でも起こらないと劇的には起こらない。

湯の中のカエルのように、
ゆっくり状況が変化しても気づかずに煮られてしまう。

そうしたことを踏まえれば、
以前の常識に基づいた行動はさっさと捨てて、
手探りでも納得できる道を探した方がいいと思った。



心が喜ぶ仕事とか、寝食を忘れて打ち込める仕事とまでは言わない。

ただ、突き詰めていけるぐらいの情熱を持てないのであれば、
身の振り方を考えた方がいいのではないかと。

本物のプロになるにしても、
プロスポーツ選手のように早くからその道を志すパターンもあれば、
ある仕事を始めてからやる気を出して成長するパターンもある。

世の中のほとんどの人は、後者ではないかと思う。


本来的に、仕事なんて他人に求められることが必要で、
誰かが積極的にやりたいことばかりではない。

周りから見て、分かりやすいとも限らない。

実際にやってみたらやり甲斐を感じたとか、
そんな経緯をたどることが多いはず。

私も例に漏れず、会社を辞めたい一心で始めた副業が本業になり、
合計で8年以上続けているがこの道を進んできてよかったと思う。



たしかに、人間関係や時間、場所にとらわれないのも嬉しい。

しかし、それだけかと問われれば、
やはり仕事へのやり甲斐というものも無視できない。

やる気が途切れないからこそ、
常に成長していけるというのもある。



幸いなことに、現代は資金力がなくてもビジネスを始められる。

本業でも副業でもそれは同じことだし、
学生のうちにスタートすることも可能。

むしろ、大学生が就活して大手企業に入るぐらいなら、
就職説明会を周ったり、面接を散々受けて歩いたり、
エントリーシートの対策を行ったりする時間を使って
自分のビジネスを持った方が早いのではないかとすら感じる。

流されて他人と同じことをするのには努力できるのに、
自分の求める方向に行くのには頑張れないというのは
見当外れな生き方であるはず。

しかし、学生だけではなく社会人になっても、
30代、40代と年齢を重ねても、
方向が間違っている人のほうが多いように思う。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ