四か国を転々としている人とマニラで会食




マニラの日本料理屋みそのにて、これまで4つの国を転々としながら暮らしてきた人と会うことになった。

元々世界四大自由クラブのメンバーで、一緒に不動産投資の視察に行く予定だったが、それが台風で流れてしまったので、今回不動産投資は抜きにして会うことにした。

彼は今までにもミャンマーや香港、インドで暮らしてきていて、いま現在はフィリピンで仕事をしているということ。

年齢も私と一つしか違わないし、一つの場所に止まり続けないと言うところもよく似ている。

今後はフィリピンで当分、仕事をしながら、その後は中米や南米に行ってみたいということだった。

そうなった場合には言語としてスペイン語が必要になるので、そういったものを勉強する予定もあるという。

確かに中南米において英語の普及率というのは非常に低いと聞いているので、現地の言葉を覚えなければいけない。

幸いなのは原則としてスペイン語が話せれば、中南米においては意思の疎通が出来るということ。

ブラジルにおいてはポルトガル語が公用語になっているが、スペイン語とポルトガル語というのはかなり近い言語なので、一応両方で意思疎通をすることが出来るという。

一説によると、なまりの強い言葉を話す人同士の会話のような感じだというので、スムーズに意思疎通が出来るかどうかは別として、頑張ればコミュニケーションが取れないことはない。

そうなってくるとスペイン語を覚えるというメリットが、かなり大きいということが分かる。

勿論、実際ビジネスをするということで言えば、中南米であっても英語を話せる人と仕事を進めることが多いだろうし、現地の人とのやり取りをそこまで重視するかどうかということは仕事の内容次第。

しかしながら生活をしていくということを考えると、確かにスペイン語を覚えておくということは大きな助けになる。

そしてそれは一か国の話ではなくて、中南米の広範な地域に渡って役に立つということなので、それならやる気が出るというのも不思議なことではない。

マレーシアのマレー語やフィリピンのタガログ語のように、その国を出てしまった瞬間に全く無用の長物と化す言語であれば、なかなか学ぶ気にはなれないものの、アメリカ大陸の半分以上で通じる言葉ということであれば、確かにある程度時間をかけてでも勉強する価値はある気がする。

色々と話を聞くことが出来たが、やはりインドの環境というのはかなり強烈なようだった。

それもエリアによるので、一部の地域においては他の新興国と同じようにとてもきれいな状態だというし、それとは全く真逆で、所謂インドのイメージに近いようなエリアもスリランカの近くであるとか、そういったところではあるという話。

私もマレーシアにいる間にはインド系の人と接することもあったし、そういったことを考えてもなかなかインドに行ってみたいということは思わなかった。

その感覚というのは今回も特に覆されることはなく続いているものの、ミャンマーの話は興味深かった。

特に流通の話であるとか、そういった話も聞くことも出来たので、そういった部分はとても面白かった。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ