アメリカ移住者からの相談、パート1


伊田:今すでにブログを持たれていて、そのブログのタイトルが「リストラ先進国アメリカで生活しているジェンの地球人教育とGlobal投資」というもので、いくつかすでに悩みがあるとそれをお伝えいただいているわけですが、大きく分けて3つあるのですね。

ジェン:はい。

伊田:その内の3番目からやっていった方がよさそうなので、そこから初めていきます。

まず、テーマが果たして絞られているのかいないのかよくわからず、そのためかブログのタイトルにも自信がない。今の中では暗いイメージがついているような気がする。人が集まりやすい明るいイメージに変えたいということですね。

今現在ブログのタイトルを見た時に「リストラ先進国アメリカで生活しているジェンの

ところまでが、ジェンさん自身のどういう人柄かとか、どういう生活を送っているかっていう部分。

その後の「地球人教育とGlobal投資」というのが、目指す未来や活動の部分に該当しますね。

ジェン:ええ。でもちょっと暗いかなと思っています。

伊田:暗いというよりも問題は、まず「教育と投資」というのが普通の人、読み手から見た時にあまり関連がないのですね。

ジェン:はい。

伊田:もちろん、ジェンさん自身の活動の中で、ブログを読む限りではそのふたつは関連付いていると思います。

ただ、読み手がパッとそのタイトルを見た時に、この人は教育の権威なのか、投資の権威なのか、あるいは実践者なのかがズレてしまうので、そこはどちらかに絞った方がよいですね。

ジェン:はい。

伊田:やはり投資のことを真っ向から語るのであれば、どうしてもアナリストとか専門家の方が強いので、そこは「教育

とか「アメリカで生活している

という部分を表に出します。そして「投資」というのはタイトルには出さずに、カテゴリーの中や記事の中で出していけばいいと思います。

ジェン:はい、なるほど。

伊田:そのブログの説明文の中では入れてもよいと思うのですが、タイトルにはあまり入れない方がよいと思います。

ジェン:「リストラ」という言葉が暗いかなと前から思っていて、マイナスのイメージがあるような気がしています。それは前から止めようとは思っていたのですが。

伊田:「リストラという言葉自体を入れるのは良いと思います。未来が暗いのが問題なのですが、「リストラ先進国アメリカで生活している

というタイトルの部分が、厳しい環境で更に言えば日本の未来に当たるような部分で生活しています、というのが分かります。

ですから、そこが暗くても相手にしてみると自分達の危機を喚起していることになります。

基本的に人間は何かを欲しいというよりも、何かを求める気持ちよりも、何か痛みを避けたい気持ちの方が強いので、そこでちゃんと相手の不安を定義する。でも、それを乗り越える方法があるのですよというその言い方自体は問題ないです。

ジェン:そういった考えがあるのですね。

伊田:あまりお気楽にハッピーというよりは、こういった問題解決をしますよと言ってしまう方が、人はついてくるのです。問題はどうにかして解決したいですよね。なくても困らない明るい未来というのは、結構後回しにされがちです。だから、その部分はそんなに全体として見た時には、あまり暗くはないと思いますので、そこは大丈夫だと思います。

ジェン:「地球人教育という響きがずっと少し変かなという気はしています。

でも、「バイリンガル教育だと当たり前過ぎると思っていて、何も思い浮かばなかったので、そのまま書きました。「Global」というのも投資の方で「Global投資」と書いているので、重複しないようにしていましたが、「Global投資」の方は消そうと今思っています。

伊田:「Global教育でも「地球人教育でも、そんなにおかしくはないと思います。

ただ、「バイリンガルだと言葉として使われてしまっているので、「地球人教育」や「Global教育」というような引っかかりのある言葉にした方がよいと思います。

多分ジェンさん自身が言いたいことは、子供が世界のどこにいてもやっていけるとか、ただ単に二ヶ国語や三ヶ国語を喋れるというような意味ではないと思うのですね。

ジェン:はい、そうです。生き残れるような人材になって欲しいです。

伊田:「バイリンガル教育」ですと、ただ単にふたつの言葉を話せる人と言う定義になってしまいますので、定義は自分で造語で「地球人教育でもよいですし「Global教育でもよいのですが、その方が記憶に残るとは思います

ジェン:なるほど。

伊田:いくつかタイトルの候補というのも新しく上げていますが、タイトルの1つ目が「アメリカ移住、海外生活を200%味わう」。

タイトルの2つ目が「アメリカ移住物語(ニューヨーク、フィラデルフィア、ワシントンD.C.)」。

ジェン:これは東海岸に絞った言い方をしようと思ったら、このようになりました。

伊田:3つ目のタイトルが「アメリカ東海岸移住物語。海外生活を有効にして堪能中」ですね。

この3つのタイトル候補を見ると、教育というよりは移住の話しにシフトしている感じがします。

ここがこの2番目の悩みにも繋がってくるのですが、このフォーカスしたいサイトの内容が決まっていればこのトップでよいのかという部分ですね。

ジェン:はい。

伊田:このフォーカスしたいサイトの内容が、アメリカの衣食住や、医療費とか病気という、いわゆるアメリカ生活という部分。それと子供の教育という部分、大きくわけるとこの二つがあると思います。

このどちらをメインにしていくかですね。

ジェン:基本的には、やはり子供の教育の方が自分の中では、気にかけている部分での比重が多いです。ただ、日々生活する内に、やはり衣食住の方が出てきました。

でも、やはり自分としては、子供の教育の方を深く掘り下げたいというか書いていても楽しいので、そちらの方がやりたいです。

伊田:それであれば、タイトルはこの「教育」というのは必ず入れないと、見た人がそのタイトルから受ける印象と実際の中身が違ってしまうと、まずは本当の見込客が逃げてしまうのと、関係のない人が見に来て結局中身を読んでガッカリして去っていくという悪循環が生まれてしまいます。

ですから、「教育というのはタイトルからも入れた方がいいと思います。

アメリカに住んでいますよというのは、実際に「地球人教育」というのをやっていく上で大きな権威付けになる。実際にもう海外に出ているわけですし。ですから、もちろん必ずタイトルに入れた方がよいです。例えば、今のタイトルから「Global投資」だけは外してしまい、「リストラ先進国アメリカで生活しているジェンの地球人教育」でも良いと思います。

ジェン:はい。

伊田:それと、単純な話としてSEOを狙ってやっていくのであれば、「アメリカ移住という言葉を入れても、あるいはどこかの都市名。ちなみに今はどちらの都市にお住まいですか。

ジェン:今は実は結構中小都市なのですが、州でいいますとデラウェア州になります。

フィラデルフィアから1時間のところで、ちょうどニューヨークとワシントンD.C.の真ん中ら辺がフィラデルフィアなのですが、更にそこから車で1時間くらい行ったところに住んでいます。

ニューヨークまでは2時間半で、ワシントンD.C.まではだいたい2時間かからないくらいの場所です。

伊田:そうしたら、タイトルにはアメリカと移住という言葉を入れてみてもよいかもしれませんね。

上手くいけば「アメリカ移住」というキーワードで検索エンジンから引っ張れる可能性があるかもしれません。例えば、「リストラ先進国アメリカに移住して生活しているジェンの地球人教育」というような感じですね。今ブログを見ると、四歳の娘さんと六歳の息子さんがいらっしゃるんですね。

ジェン:はい、そうです。

伊田:そうしたら、「リストラ先進国アメリカに移住して地球人教育を実践中」とか。

それで「アメリカ移住」というのはキーワードとしてどれくらい強いのかわからないので、実際問題試しみてて、あまり上手くいかないようであれば「移住という言葉は外してしまってよいと思います。そこはあまり重要ではないので。

ただ、アメリカ移住したいなという人で、子供を持っている人は必然的にある程度はいます。

そこはもし引っ張ってこられるのなら、検索エンジンからアクセスが流せれば、ちょうど属性が合った人を獲得出来ます。そこら辺は一度試してみても良いと思います。

ジェン:はい、やってみます。


ページの先頭へ