電子書籍プレゼント

4月のブルガリアの気候は思ったよりも寒かった



年間平均気温を見てみると、ブルガリアの首都ソフィアの4月は15度となっている。

これは最低でも最高でもなく平均気温なので、朝晩はもっと寒くなって、日中はもう少し暖かくなるのが典型的なソフィアの4月。

そうなってくると、だいたい1日の中の気温の推移が、10度から20度ぐらいの範囲に収まるだろうと見積もっていたが、実際に3月の終わりに到着して、4月の半分弱をブルガリアで過ごしたが、もっと寒かった。

町中の電光掲示板を見てみると、だいたい日中でも温度の高い日で12度ぐらいだし、リラの修道院に行った日は雪がちらついていて、その時には日中の気温が5度前後だった。

町を歩いているブルガリアの人を見ても、4月でもコートを着ている人が大部分で、ヨーロッパやアメリカなどでよく見る、事情が理解できないほど薄着の人もほぼいない。

なぜなのかはわからないが、周りがダウンジャケットを羽織っているのにTシャツ1枚で行動している人も海外ではよく見かけるが、ブルガリアにおいては、薄着の人でもせいぜいTシャツに袖のないダウンぐらいは着ていて、防寒をしっかりしている人が多い印象だった。


4月でも雪が積もることも

ソフィアからリラの修道院に行った時には、積もっている雪が一部に残っていたりもしたが、私がブルガリアを離れて数日後には、かなりの雪が降ったらしい。

というのも、ブカレストのEpoque Hotelで朝食を食べていたら、日本人の60代と思われる男性から声をかけられて、彼もソフィアからブカレストにやってきたという。

地下1階にあるレストランで、ピンクグレープフルーツや、チーズ、オリーブ、色とりどりのパプリカなどを食べていたら最初は英語で話かけられて、向こうも途中で自分が何を言っているのかわからなくなったようで、最終的には「日本人ですか」と普通に日本語で話してきた。

それから色々と話していたが、ソフィア到着翌日には雪が降ってしまい、ひどく寒かったという。

私はソフィアからプロヴディフ、そこからベリコタルノボとブルガリア内を移動し、ブカレストにやってきたが、大雪が降ったのは見たことがなかった。

それぞれに多少離れているので、若干気候に差があるのかもしれない。

ブカレストに来てからは突き抜けるような青空しか見ていないので、天気の悪さとは無縁で過ごすことができた。

しかしながら、まだまだ寒さは厳しく、ソフィアに到着してから早々に手袋を探していたが、ソフィアも4月となるともう冬の終わりになっているので、手袋を見つけることができなかった。

結局プロヴディフに来てから1ユーロショップを見つけ、そこで薄手の手袋を見つけることができた。

あまりしっかりしたものではないが、長く使うものでもないし、とりあえずの間に合わせとしてはいいだろうということで、そこで手袋を買い使っているが、どういうわけか手袋を買った後は暖かい日が多く、これまでに使った回数は、片手で数えられる程度。

本来であれば、ブルガリアに来るのは5月とか6月ぐらいにしておいて、そこから東欧を周った方が気候はいいと思っていたが、案の定その通りだった。

昨日のブカレストはとても暖かく、ジャケットを脱いでもいいぐらいだったが、今朝はまた冷え込んでいる。

日本と同じで、暑さ寒さを繰り返しながら、徐々に暖かくなっていくようで、季節の変わり目はなかなか服装の調整が難しく、旅行者にとっては少々手を煩わされるところ。


大切なことを

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ