セブ移住と新しい案件への投資


しばらくセブに住むことを考えつつ、
昨日は4つのコンドミニアムの内見をしてきた。

普段の投資用不動産の視察と大きく変わるわけではないし、
マクタン島の某物件は
以前の投資視察の際に訪れたコンドミニアムでもあった。


とは言え、どこか新鮮な気持ちもある。

投資用の不動産と違い、
まさに自分が住むかどうかの決断なので
フォーカスを当てる部分も普段とは違ってきたり。



手放しに安全とも言えないセブ島に住まなくてはいけないわけでもないので、
実際に住むかどうかは今のところ未定。

実際に物件を見ながら、
その部屋でどんな生活を送れるのか?

コンドミニアムの敷地内で生活の大部分を完結させるのか、
近くの店も生活圏に入るのか?

食事に行くのに不便はないか?

メイドさんを雇う必要はあるか?

非定住生活よりも魅力があるのか?

そうしたことを考えている途中。




居住環境にはこだわりたいし、
新しい街での生活は心が踊るもの。

これまで、マカティやマレーシアに移住した時には、
ある種の決意を持ってやってきた。

過去2回の移住には投資修行としての側面があったので、
よほど生理的に受け付けない環境でない限り、
住んでみようというのが前提だった。

そのため、直前には緊張したりもした。



それに対して、
今回は非定住生活で各国をウロウロする流れの中で
ついでに立ち寄ったような感覚があり、
以前に移住した時のような気負いがない。

純粋に楽しみなだけ。

いまいちだと思えば
セブに住むのを取りやめればいいだけの話で、
ホテルを選ぶような感覚で部屋探しをしている。

定住生活と非定住生活の間にあった壁が
いつの間にか存在感を失っていた。



それにしても、不動産を見て
その部屋での生活をイメージするのは
相変わらず楽しい。

その一方で、今の私にはセブに住むかどうかの決断が、
ついでのような感覚になってしまっている。

というのも、昨日正式に参加した投資案件のワクワク感が、
新しい街での生活への期待を上回っているため。


原則、来年中に償却される案件ではあるが、
バックテストの結果では
1ヶ月間(1年ではなく)の平均利回りが25%以上。

今年・来年にかけて大きく資産を増やすチャンスを
見つけることができた。

自分で運用したりもしないので、手間もかからない。

普段は本業に集中しつつ、
大きなチャンスを享受することができる。




これまでは基本的に堅い案件への資産分散が中心だった。

リスクを取って大きく増やすよりも、
資産を守ることを最優先にしてきた。

おかげで資産は8カ国に分散済み。


今後も基本方針は変わらないが、
ポートフォリオの中にリスク性の高い案件を
少しだけ組み込んでもいいと思っていた。

堅実さを軸としながらも、
大きなリターンを期待できる案件を
一部に入れておくのも面白いもの。

と言っても、
条件のいい案件がゴロゴロ転がっているわけもない。



1年以上かけてようやくたどりついたのが今回の案件で、
実はずっと避けてきたFXに関する案件。

あやしいツールがいくつも販売されているのは、
舞台裏も含めてよく知っている。

FXのツールや必勝法を紹介してほしいと
打診されたことも何度かある。

どれも検討にすら値しないレベルだったが・・・。



世の中のほとんどのFX案件は、
過去に偶然勝てただけ。

もしくは過去の相場のデータを見て、
後付けで勝てる理論を作っただけ。

そんなことが分かっているし、
総資産額の桁が億の2つほど上の人が
いくつもの手法でFXの攻略を試みたものの、
ツールも海外の運用チームもことごとく
途中で利益を吹き飛ばしてきたのも見てきた。


だから、FX系の案件には手を出さずに来たし、
禁じ手のように思っていた。

圧倒的な市場規模を誇るという長所はありながらも、
攻略は不可能であると。


ハイリスク案件なので、
あくまでも余剰資金の部分で行うべき案件なのは間違いない。

その一方で、ハイリターンの前に「超」という言葉を
付けてもいいぐらいの期待値がある。

これまでのバックテストの結果も見ることができたが、
驚くほどの結果が出ている。

月平均25%というのも脅威だが、
1日の負けもない。

1ドルが116円17銭まで変動した
8月24日及びその後数日においても、
多くのFXツールや取引を行っている投資家が
損失を出したり、強制ロスカットに見舞われる中、
涼しい顔で利確できることを証明。

前回のスイスショックの際にも、
一部のFX会社が破綻する中、
当たり前のように利確していた。




年内はローリスク設定で運用し、
利益部分を来年にハイリスク設定で運用。

これによって、今年中に損失が出ない限り、
来年は実質的にノーリスクでハイリターンを狙える。

なにしろ今年中に元本は償還されて、
利益部分のみ来年運用していくのだから。

そして、運用は自分で行うものではないため、
感情によって判断を間違えるリスクもないし、
手間もかからない。

この仕組みに乗るため、昨日手続きを完了させた。

私としては、「あの島」案件から約1年ぶりに見つけた
参加する価値のある投資案件となった。





PS.
考えてみると、
セブに住み始めるのと、この案件。

時期が少しずれてくれた方が
それぞれの楽しみを最大限に満喫できたような気がする。

一度に大きな楽しみが2つあっても、
ワクワク感が2番手のセブ移住は
色あせてしまうのが実際のところなわけで。


とは言え、今回の案件は参加期限が迫っていたし、
セブに住むことが決まれば
そちらの楽しみは今後十分に味わえるはずなので、
それはそれでよいかと。



率直に言うと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ