ブログの動線は1つではない


以下は先日の相談者とのやり取りの書き起こし

伊田「Facebookはセミナーを配るので、そちらを見てもらって、そこから人を送っていく流れですね。」

 「結構、巷にあるブログとは動線が違うので、それこそブログランキングとかもそうですし、必ずしもそこと同じ動線ではないですよね。」

 「やっぱりほとんどのブログってあまりにもマネタイズができてないですから。」

 「そこを真似してもうまくいかないですよね。」

 「他になんか今、不安なこととか、迷ってることってありますか?」

JOYさん「まだブログ作り出してないんで、作りだしたらまたたぶん疑問が湧いてくると思うんですけど。」

 「そうですね、今のところはさっき言った2点ぐらいですかね、かぶってる内容のブログが既にあるっていうのと、自分がやっぱ体験した方がいいのかどうかってことと。」

伊田「ちなみにあれですか?今後も当面も上海で仕事はできそうなんですか?」

JOYさん「トータル3年なんで、今1年半終わったところなんで、ちょうどあと半分ぐらいですかね。折り返し地点です。」

伊田「なるほど。」

JOYさん「今回伊田さんの、この講座を利用させてもらってるのは、また別の理由があってですね、今やってる本業とは別にやりたいことがあるんで、帰国するかもしれないんですね、会社を辞めて。」

伊田「そうなんですか?」

JOYさん「その時に、本業の収入がなくなるんで、今本業で働いてるうちに、もう一つ収入の手段が確保できたらいいかなという風に考えてですね、それで、できるかどうかはわかんないですけど、とりあえずまずスタートしてみようと思って、申し込みさせてもらったんですけど。」

伊田「そうですね、そういうことであれば、例えば今から作るブログがあるじゃないですか。こちらがある程度まで完成したところで完全に自動化してしまって、これからやりたいことの方で、実際そちらをスタートした段階で2つ目のブログを作り始めるっていうのもありですね。」

 「というのも、検索エンジンからちゃんと人が来るようになれば、だいたい2週間に1回とかブログ更新しとくぐらいで、ちゃんとそれは継続するんですよね。」

 「それで集客できるじゃないですか。」

JOYさん「はい。」

伊田「で、ステップメールっていうのは、さっき言ったように、1通目が何とか、そういうのがちゃんと順番に届くようになるので、そこでもちゃんと最後の商品紹介とかも組み込んでおけば、もう自動で最後までやってくれるんですよね。」

 「そうすると、2週間に1回とか、記事をアップするぐらいで、あとはもう自動化できるんですね。」

 「ひたすらそのブログとメルマガを育ててくっていう発想もありますし、もしくは、そこはある程度までいって、情熱を持てなくなったら自動化して、自動的に収入が入ってくる状態にして、新しく別のテーマで、自分が情熱を持てる事でやってくっていうのもそれはそれでありですね。」

JOYさん「なるほどですね。」

 「あと、最後もう1点だけ教えてほしかったんですけど。」

伊田「はい。」

JOYさん「インフォトップと何とかエイト…」

伊田「A8ですね。」

JOYさん「ええ、あれだったんですけど、今自分が使ってる教材、インフォトップにも紹介されていなくて。紹介したいと思ってた教材ですね。ホームページで製作者の方がアフィリエイトしたい方はこちらにご連絡くださいと。で、連絡したら、紹介ページのアドレスを教えますよとかっていうシステムだったんですけども、それでも全く問題ないですよね?」

伊田「大丈夫ですよ、それで。」

 「ちなみにそれってどこのASPだかわかりますか?」

JOYさん「ASP…ちょっと専門的なことまではわかんないですけども。」

伊田「わからないですか。」

 「あんまり変なところだと、ちゃんと紐づけをしてくれないとか、そういう可能性がなくはないので、ある程度大手の何社かあるんですよね、バリューコマースとか、アフィリエイトBとか、そういうところであれば全然問題ないですね。」

JOYさん「はい、なるほど。」

伊田「基本的には、マイナーなところでも、そこまでひどいことしてっていうのはそうそうにはないので、基本は大丈夫ですね。」

JOYさん「この会社の、アフィリエイトのアドレスを教えてくれた時のメールに、そのなんていうのかな、個々のページまで貼り付けできますと、いうような内容だったんですね、そういうことって結構あるんですか?」

伊田「普通にありますよ。」

JOYさん「貼り付けるページの制限とか」

伊田「物販系だったら普通にあります。」


よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転



メールアドレス

ページの先頭へ