画像を使って臨場感を高める


以下は先日の相談者とのやり取りの書き起こし

伊田「そうですね、やっぱり画像つきの記事の方が臨場感ありますよね。」

 「結構面倒くさいですけどね、画像入れるの。」

JOYさん「面倒くさいですか?」

伊田「正直文字だけでやっちゃった方が楽は楽なんですよね。」

 「関係のない思考を一回入れなきゃいけないじゃないですか、文字をひたすら打ち込んでいって、途中で別のフォルダから画像を探してきて引っ張ってみたいな。」

JOYさん「そうですね。」

伊田「毎回やらなくてもいいですけど、できるだけ写真入れた方が説得力が増すっていうのと、精読率が上がるんですよ。」

 「読んでもらえる率が上がるんで。」

 「やっぱり写真入れた方がいいですよね。」

JOYさん「なるほど、確かに文字だけだとぐったりしますよね。」

伊田「そうなんですよね。」

 「やっぱり面倒くさいと思って飛ばしちゃう人が多いんですよね。」

JOYさん「記事のアップっていうのは、もちろん多ければ多い方がいんでしょうけど、やっぱりできるだけ毎日とか、週に2〜3回、できるだけ毎日の方がいいんですかね?」

伊田「記事はですね、多ければ多いだけいいとしか言いようがないですね。」

 「やっぱり、時間の関係ってあるじゃないですか、使える時間が。」

JOYさん「ええ。」

伊田「もちろん毎日の方が、週2回よりもいいですけど、ただ週2回だったらだめなのか?って言ったらそういうことでもないんですよね。」

 「だから、可能な限り多くってことですね。」

 「あとできるだけやっぱりコンスタントに更新した方がいいですよね。」

JOYさん「あーそうですよね。」

伊田「だから、今月だけ1か月毎日更新をして、その後2か月全く何もしないよりは、同じ記事数でも、例えば3日に1回で3か月更新する方が、検索エンジン上有利になるんですよね。」

 「だから、パタッとやまないようにですね。」

JOYさん「ええ、やっぱりブログランキングとかに登録するのも大事だと思うんですけど。」

伊田「いや、しなくていいですよ。」

 「ブログランキングは登録しなくていいです。」

JOYさん「登録しなくていいんですか?」

伊田「応援ポチしてくださいみたいな感じでやると、アクセスが外に逃げていくんですよ、ブログランキングに。」

JOYさん「そうなんですか?逆に。」

伊田「だって、そこクリックしたらブログランキングに飛ぶじゃないですか、外のページに。」

JOYさん「ええ。」

伊田「そこで離脱しちゃうんで。」

 「ブログランキングからある程度アクセスが入ってきても、結局相殺されちゃうんですよ効果が。」

JOYさん「じゃあやらない方がむしろいいってことですね?」

伊田「最初のうちはやらない方がいいです。」

 「色々今後考えてはいるんですけど、要は一方的にアクセスを向こうから流入させられるのであればいいんですよ。」

 「インポイントとアウトポイントっていうのがあって、それでランキングしてるんですよね。」

 「インポイントっていうのが、要はこっちのブログから向こうに何人人を送ったかってことなんですけど。」

 「そこをですね、ちょっと仕掛けを作って、実際のお客さんを逃がさないでインポイントを稼げればいいんですけど、普通にやっちゃうと意味がなくなっちゃうんで。」

 「やめた方がいいですね。」

 「だから、集客は検索エンジン経由っていうのをメインにして、それから後はFacebookとかを絡めてく感じですね。」


よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転



メールアドレス

ページの先頭へ