もう働きたくないなら


パワハラに耐えながら暮らす毎日の中で、もう働きたくないと心から思っていた。退職届を叩きつけて、会社を後にするイメージだけは何度も作ったが、そう簡単にはいかなかった。

生活のためには収入は必要だが、私には満足な職歴がない。もう働きたくない一方で、この会社を辞めてしまえば、ますます転職は厳しくなる。少なくても、まだ数カ月は残らなければならなかった。

「楽しい仕事があるんじゃない。仕事を楽しめるかどうか、だ」と物知り顔な経営者が何かの本で書いていたが、現実はそんなに甘くはない。一分たりとももう働きたくないし、この会社に残りたくないと思いながら、ただ耐えた。それは精神力を削り、人生を無駄にする行為だったが、当時の私には何もできなかった。

ある日、会社を辞めた。自主的に退職したというより、実質的な突然のリストラだった。職を失った。もう働きたくないという気持ちが、その会社の社内に限定されているのか、サラリーマンとして働きたくないのか、考えた。

すべての会社を否定するつもりはない。きっと仕事の楽しみを見つけられる会社もあるのだろう。ただ、それを入社前に判断するのは困難。会社ではもう働きたくないと思った。

幸い、どうにか生活していけるだけの収入が副業のネットビジネスから得られるようになっていた。それを頼みに、転職は断念した。

副業が本業になり、サラリーマンから自営業者になってから、もう働きたくないとは感じなくなった。むしろ、仕事は生活の一部として溶け込んでいるし、それに対してストレスも感じない。むしろ、これ以上頑張らなくても暮らしていけるのに、それでも足を止めようと思わないのは、そこにやり甲斐を感じられるから。そして、かつてのようにストレスを感じる要因がなくなったから。

サラリーマンだった当時、心臓が不規則な鼓動を刻みながら、もう働きたくないと心の底から思いながら、そして毎日を恨みながら生きていた。その時に祈るような気持ちで始めた副業が、結果的に人生を変えた。

もしもサラリーマンを続けていれば、私は落ちこぼれだったと思う。きっと、生きる希望も失っていただろうし、惰性だけが生きる理由になっていたのだろう。

今進んでいる道が嫌なら、それとは別の道を進めばいい。サラリーマンとして会社組織で生きている時の常識なんて、しょせんは狭い世界でのゆがんだ常識でしかないのだから、一歩踏み出してしまえば人生はまったく違ったものになる。そして、狭い世界しか知らない者たちのアドバイスが無意味なのは、外の広い世界を知らないことが理由の1つなのだろう。

もう働きたくないという気持ちをモチベーションにして、最初は副業から始めるのでもいいと思う。それが未来を切り開くことになるのだから。




本音を言うと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ