医者より弁護士より稼ぐ


もしも就職活動をするのなら、
私が履歴書に書ける資格は簿記ぐらいだろうか。

ビジネス実務法務検定というものも持っているが、
就職に役立つのかどうか・・・

まして医師免許や弁護士免許のような
社会的に見てステータスになる立派な資格なんて持っていない。

簿記ならつぶしは効くだろうが、
それは低所得を受け入れれば職を見つけやすくなる、
というだけの話。

私の正社員歴は2年に満たないし、
まともな会社なら雇ってもくれないだろう。


その一方で、特権階級の代表格である
医者や弁護士の少なからぬ人たちより、
私の方が稼いでいる事実もある。

なぜ社会の中でエリート扱いの彼らよりも、
まっとうな就職先を見つけられるかもあやしい私のほうが
多くの収入を得ることができているのだろうか?


ここには、行動の複製という概念が入ってくる。


自分が馬車馬のように働いたところで
豊かになれないのは古今東西、共通の事実。

死ぬまで酷使される奴隷の労働が
本人への十分な報酬を伴わないことは
古代から変わらない。

体に重くのしかかる石を痛みとともに運んで
ピラミッド建設に貢献した所で、
お金も名誉も得られることはなかった。

大規模建造物を作るために使われた奴隷が
豊かになったという話は聞いたことがない。

命を削っても使い捨てられるのが運命だ。

彼らがどれだけ懸命に働いたとしても。

現代においても同じこと。

1日16時間、休みなく働いたとしても
時給800円なら月に384,000円。

もちろん税金や社会保険料がここから引かれる。

豊かとは言えない。

医者や弁護士なら時間単価は高くなるが、
それでも限界がある。

食えない弁護士が増え、
弁護士の資格を持ちながらも年収200万円台のケースもある。
医者にしても稼げる仕事とは限らず、
薄給で働いている勤務医も存在する。

しかも数千万円の学費をかけて医学部を出て、
激務の研修医時代という試練を乗り越えたにも関わらず。


ただ頑張るだけでは得られる効果は限りがある。

だからこそ、自分が一つ一つ行動しなくても
大きな効果を得るために、
行動を複製する仕組みが必要になる。



昔は大変だったんだ・・・

社員に仕事を教えれば、
自分は働かなくても利益を上げることができる。

能力やら、やる気やら、モラルやら、向上心やらが
優れた社員を見つけることができて、
組織や仕組みを上手く作れれば実にうまく機能する。

最終的には不労所得も目指せるし、
その状態で右肩上がりの収入も理論上は可能。

社員の人生を背負う重荷で肩が外れたり、
あまりの大きな計画に投げ出したくなるリスクはあるが。


私には人を使うことによって
大規模な行動の複製を行う自信はない。

成功するまでの過程が壮大な上に、
うまくいってもリスクが大きすぎる。

組織が大きくなるほどに小回りは効かなくなり、
社員の雇用の問題を考えると
事業の撤退も難しくなっていくのだから。

旧来型の行動の複製は今でも有効な手ではあるが、
デメリットが大きすぎる。



ネット世界での行動の複製

私が作ったブログやサイトに誰かが訪れても、
私には何の仕事も発生しない。

接客をしなければいけないわけでもない。

商品の説明もしない。

商品が売れたとしても、
発送も何もしなくていい。


通常の店舗なら発生する
接客・販売・在庫管理・発送・仕入れ等の手間が
何もかかっていないことになる。

サイトを作る時に書いた文章が
何度も私の代わりに働いてくれる。

1日に10人が訪れたとしても、
1,000人が訪れても私の手間は何も変わらない。


誰かを雇う必要もなければ、
社員の人生を背負う必要もない。

ただ、ネット世界に資産を作っただけ。

そこからの収入が毎月入ってくる。

これが私の行なっている方法であり、
自らの専門知識や技術を売りにするだけの
多くの医者や弁護士より稼げる理由。


私は1つの行動をすることによって、
(たとえばブログを作ることで)
繰り返し行動しているのと同じ効果が得られる。

リアル店舗で何度も接客等をするのと同じなのだから。

これによって、行動量に対して大きな効果を
得ることができるようになる。

しかも長期的に。


行動の複製をしない限り、
大きな収入を得ることが難しいのは今も昔も同じ。

ただ、複製のハードルは大きく下がった。

だからこそ、私も参入できている。


昔なら個人としての壁となっていた金額を
簡単に超えることができる環境は整っている。

組織化の壁を超えなければならなかったハードルに、
今なら個人がノーリスクで挑める。

本当にいい時代になったと思う。


ただ、そんな状況にあるにも関わらず、
いまだに旧態依然のルールで戦う人が
世の中の多数派を占めているのが不思議だが。

医者や弁護士の資格を取るよりはるかに楽で、
彼らの多くよりも稼ぐことが十分に可能なのに。



人に雇われていたり、1人で営業している限り、
医者や弁護士でも行動の複製はきかない。

あくまで高額な報酬のスペシャリストなだけで、
その上の段階にはたどり着いていないことになる。

そのため、年収が1,000万も超えないという
残念な状態に陥ることになる。

何年も時間と費用をかけてきたのに、
それを回収するのに何十年かけるのだろうか?



結局、行動の複製をきかせられないエリートよりも、
小規模なネット世界の自営業者の方が勝ってしまうのは
こうした事情がある。




秘密の話

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ