仕事が嫌いなわけじゃなかった


「とにかく少しでもお金をためて、一日も早く会社を辞めてやる」

サラリーマン時代に考えていたことだった。しかし、20万円程度の給料では、いくら節約してもたかが知れていた。

会社を辞めたい一心で始めたアフィリエイトに時間を使ったため、遊びに行くお金は要らず、昼食も立ち食いそばと会社の近くでは唯一ワンコインで食べられる定食屋に日替わりで通うだけ。

それでも、お金はたまらなかった。いつになったらリタイアできるのか見当もつかず、パワハラに遭いながら働くだけの生活にに疲れてしまった。会社からの解放、それだけが人生の望みになってしまっていたのだ。



会社を辞め、独立してアフィリエイトを行うようになってからは、ひたすら仕事に打ち込んだ。会社員時代に遊ぶ習慣がなくなってしまったこと、さらに生活が成り立つか当初は不安だったため、とにかく仕事ばかりしていた。

ただ、ふと気付いた。私は働くのが嫌いなわけではなかったのだ。実際、今はストレスをほとんど感じず、仕事にやりがいも感じられた。

情報を必要としている人に届ける、それがその人の役に立ち、結果として報酬を得られる。それは嬉しかったし、組織の中に押し込められて詐欺的な商品を売っていた会社員時代とは違っていた。

頑張れば結果も付いてきた。毎月収入が上がっていく感覚なんて、サラリーマン時代に味わえるはずもなかった。(ちなみに、1年勤めて昇給したのはわずか3000円だった。これで嬉しいはずもない)


「無理に仕事を辞めることを目標にする必要はもうないんだ」

この事実に気づいた時、何だか体が軽くなったような気がした。まだ20代、この先の人生は長い。早々に仕事をリタイアできなくても、自分のやりたいことを続けながら、楽しく生きていく選択肢もあると実感することができた。




本音を言うと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ