電子書籍プレゼント

自由へ道連れ


YouTubeを見ていて発見した、この動画。




椎名林檎の「自由へ道連れ」



この曲のタイトルに惹かれて、色々考えてしまった。

世界4大自由倶楽部のうち、
私はすでに人間関係・時間・場所の自由は獲得済み。

残りの1つ、お金の自由も達成のメドは立っている。

この状態で、なぜ世界4大自由倶楽部を作ったのか?

そんな質問をされることがある。



答えは単純な話で、
自由へ道連れにする人がほしいから。

自分が自由になったところで、
その時に周りに誰もいなければただの孤独。

自分一人でストレスから解放されても、
喜びを共有する相手もいないのでは無意味。

価値観が合う人がいないのなら、
たとえ都会に住んでいても、
無人島に住んでいるのと大差ない。


だからこそ、
同じ理想や想いを共有できる人を募っている。

自由になった先に待っているものが、
ただの孤独だったのでは
破滅に向かって進んでいるだけなのだから。


いつどこにいてもいい状態になったところで、
常に1人では淋しいわけで。

そんな人生が理想のはずはない。

かと言って、
思いを共有できない人と過ごしたがるほどの
社交性なんてない。

だからこそ、仲間を募る必要がある。


最初は興味がある人が気軽に集まってくれればいいし、
私からのメールを受け取って共感できなければ去り、
共感したら残ってくれたらいい。

そして気が向いたら、
お互い自由を手に入れて仲間になろうということ。



道連れにされたいと思ったら、
世界4大自由倶楽部のメンバーになっておいてほしい。


ちなみに、メンバーになると言っても、
基本的に義務や責任は発生しない。

私からの情報を受け取って、
気が向いたら行動してもらえばいいし、
特に興味がない場合はスルーしてもらって構わない。

面倒な制約の多いコミュニティを作る気もないので、
上手に活用していただければと。



大切なことを

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:海外移住の電子書籍を無料プレゼント中

3位:お茶会・食事会のお知らせ








本当に伝えたかったこと





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事
電子書籍プレゼント

ページの先頭へ