電子書籍プレゼント

名古屋まつりには行かないことにした


2013年も名古屋まつりが開催されるらしい。

今年は10月19日と20日の2日間。

この期間は無料開放される施設もあるし、
ちょうど涼しくて気候のいい時期なので行きたいところだが、
見送ることにした。



理由は単純で、遠いから。

東京に住んでいれば考えるのだが、
私はフィリピンに滞在しているので少々ハードルが高い。

行けない距離ではないにしても、
名古屋まつりのためだけに行くのはちょっと。

セントレア空港までの直行便がなければ、
羽田や成田か、関空から移動しなければいけない。

どちらにしても、2年ぶりの日本なので
行くとすれば東京には足を運ぶことになりそうだが、
わざわざ往復までしたくはない。


そんなわけで、2013年の名古屋まつりへは不参加を決めた。

来年以降に機会があれば行きたい。


無料開放施設を見ても、おなじみの名古屋城はもちろんとして、
東山動植物園や東谷山フルーツパーク、ランの館、白鳥庭園、
徳川園といった興味深い物が並ぶ。

歩きまわるのにもいい時期なので、
ちょうど近くにいく用事でもあれば行ってみたかったが、
わざわざ名古屋まつりのみを目的にはちょっと・・・。



特に最近はマニラにも本格的な味噌カツを食べられる店ができたので、
若干現地に行くモチベーションが下がり気味。

長距離の移動をしてまで訪れるメリットが
1つ減ってしまったことになるので。

ういろうは嫌いだし、食の面ではそこまで魅力を感じられない。

きしめんは好きな上、マニラで食べられる店は知らないが、
そのために行くというのも・・・。



そんなわけで、2013年の名古屋まつりは見送って、
マニラで過ごすことに。

2014年には一度日本に立ち寄る予定なので、
その時には行けるかもしれない。

ただ、今のところ梅雨の前の時期が可能性として高いので、
季節は合わないかもしれない。

さすがに名古屋まつりの開催時期に合わせて
やって来るというのも大変なので。


特に来年は各国を飛び回る予定なので、
その都合で時期は決まってきてしまう。

わざわざ長距離のフライトを増やすのは体力的に避けたいし。



マニラでもリトルトーキョーというエリアで
小さな祭りが催されることはあるものの、
さすがに大規模なものはない。

たまには日本の祭りを楽しみたくなってきたので、
来年あたりは日本に行く時期のイベントも
色々調べておきたいところ。

そう頻繁に行くわけでもないし。


ということで、名古屋まつり参加は来年以降のどこかで。

50年以上続いているようなので、
すぐに終わることもなさそうだし。

2013年で59回目ということなので、
この安定感と歴史はすごい。




大切なことを

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:海外移住の電子書籍を無料プレゼント中

3位:お茶会・食事会のお知らせ








本当に伝えたかったこと





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事
電子書籍プレゼント

ページの先頭へ