未だにエバーノートを使いこなしていない


私はネットを中心とした仕事をしているものの、未だにエバーノートの使い方というのがいまいち、ぴんと来ない。

基本的に導入はしているものの、その価値が分からないという言い方の方が正確ということになる。

というのも、エバーノートを使うことによって、幾つかのパソコンやモバイルを使ってそれぞれのファイルを同期することが出来ると言うことだが、その部分に魅力を感じない。

確かに私はマックブックエアーとiPad、それからiPhoneを使っているものの、文章を書くのは専らマックブックエアーのみ。

そしてこのパソコンというのも2台あるが、使っているのは新しい方のみでもう一台というのはバックアップ用の位置づけとなっている。

ということで必ず新しい方のパソコン一台でテキストファイルというのは執筆をし、管理をしているので、わざわざエバーノートによって同調をする理由がない。

iPadで、片手で文字を打つというのは非常に時間がかかるし、その文字を打つ作業自体に脳の容量を持っていかれてしまって、文章を考えるということが非常に疎かになるという問題もある。

これは非常にストレスを感じる行為なので、間違ってもやらないようにしているし、iPadも同様の理由によって、文字入力には使わない。

私の場合、iPhoneの利用用途というのは写真撮影や音声録音、それから電話や目覚まし機能くらいしか使っていない。

iPadに至っては漫画か本を読むことにしか使っていないので、それ以外のタブレットとしての用途というのはほぼ、全く使ってないと言っても良い。

こうなってくるとエバーノートによってオンライン上で自分の文章を同期できるという意味がない。

残念ながら常にオンライン状態にあるわけではないので、旅先に行けばオフラインで活動することもあるし、そうなってくると結局エバーノートにアクセスしようとしても、それが上手く出来ないということも珍しくはない。

しかも私のパソコンというのはシュガーシンクとドロップボックスを共存させてそれぞれ、ファイルのバックアップというのは取っているので、わざわざエバーノートによってオンライン上に保存をしなくてもバックアップというのは常に、万全の状態が整っている。

こうしたこともあるので、エバーノートが便利ツールとか作業を最適化するためのアプリとしてもてはやされている理由というのは、いまいちぴんと来ないというのが実際のところ。

更に言うとテキストエディターによって若干、改行の仕方が変わってきたりとか、そういった問題もあるので、あまり色々なテキストエディターを使うということ自体が好きではない。

以前に発覚した問題としてMIというテキストエディターを使って、そのファイル名をそのままメルマガに流そうとしていたところ、文字化けがしてしまうという問題もあった。

こういった理由があるので極力、テキストエディターというのは一種類に絞った方が問題が起こらないのではないかということを実感している。

そんなことがあるので、世間の風潮を無視して私は未だにエバーノートというものを全く活用はしていない。


よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転



メールアドレス
執筆者、伊田武蔵
伊田武蔵プロフィール
最近の記事
記事一覧

ページの先頭へ