フィリピンの永住権ビザを取ったら納税義務が発生する?




世界には、どこに住んでいるかに関わらず、
自国民に課税する国がある。

属人性と呼ばれる制度を持っている国で、
アメリカやフィリピンがこれに該当する。

たとえば、アメリカのグリーンカードを持ってしまうと、
アメリカ以外に住んでいても課税されることになる。

つまり、むやみに取得してしまうと
高額な税金を取られることになりかねない。



では、フィリピンの場合はどうなのか?

永住権としての性質を持つクオータービザを持ったら、
日本人でも課税されることになるのか?


現実的な部分で言えば、答えはNO。

今のところ、国外で働くフィリピン人にさえ、
十分に課税できていないのが実態。

国境をまたいでしまうと、
そもそも所得を把握すること自体が難しいので。

まして外国人に課税するのは現実的ではない。


私の知り合いの富豪もクオータービザを持っているが、
課税されないからこそ取得したのだろう。

そうでなければ、
住んでいるわけでもないフィリピンの永住権を持つことで
とてつもないコストがかかってしまうので。

所得が増えるだけ課税額も増える。

そんなことに気付かないほど、
彼らは脇が甘くない。



これが実務としての現実だが、
一応制度上どうなっているのか、
公式なルールについても問い合わせ中。

業者を通じて移民局に確認しているので、
結果が分かったら改めて報告しようと思う。



永住権取得記念!
フィリピン・ビザ取得レポートを
期間限定で無料プレゼント中!



秘密の話

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ