年末のフィリピンの様子




フィリピンでのクリスマスが終わり、
年末年始に向かって進んできた。

この国では年明け間近はどんな感じになるのか?


初めて体験するフィリピンの年末は驚くほど変化がなく、
街にはクリスマスツリーやイルミネーションが
そのまま飾られている。

聞いた話では、年が明けてもしばらくこのままらしい。




そして、2ヶ月以上前から街はこんな様子なので、
正直クリスマスの感覚に麻痺してしまった。

ツリーが10月に入った頃には飾られていたので、
2ヶ月どころか3ヶ月近くクリスマスっぽさが
続いていたことになる。


そのため、もはやツリーを見てもクリスマスなのか、
ただの日常の風景なのか分からなくなってきた。

クリスマスがすでに終わったのか、
それともこれからなのかも一瞬分からなくなり、
年末が近づいていることも忘れる。



冬の寒さもないので、
その意味でも季節感がいまいちピンと来ない。


こんな不思議な感覚で過ごせるのも
海外生活の魅力なのかもしれない。

同じ時期を過ごすにしても、
場所によって得られる感覚がまったく別物で
不思議な感じがする。



ちなみに、マニラにおいてはマレーシアのように
行事ごとに爆竹や花火を打ち鳴らす文化はなく、
クリスマスも平穏に終わっていった。

むしろ事前の盛り上がりから考えると、
当日は何気なさすぎるぐらいな感じが。



そして年末に向かって盛り上がる感じもなく、
ただ平穏に大晦日に向かっていく。


年越し蕎麦も今年は食べるかどうか決めていないが、
リトルトーキョーに行けばメニューにあるだろう。

里雄禅には蕎麦も置いていただろうか?

除夜の鐘は聞こえなくても支障はないし、
紅白を視聴して年越しをする風習とも日本在住時から無縁。

そう考えると、特別感はないものの
騒がしいニューイヤーカウントダウンもなく、
粛々と新年のスタートを切れるのはありがたいこと。



本当のところを明かすと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ